2016年01月24日

と〜たる☆リコール・・・

 先週午後ロードでやってたトータルリコールやっと見た。

 トータルリコールと言えば
バーホーベン監督、シュワちゃん主演の1990年版が有名ですが
これは新しいのはどうなのかな〜とけっこう生ぬるい感じで見てましたが
それなりに面白かったかも。

 スピード感溢れるバイオレンスなアクション満載な
いかにも今ウケ狙いの中身スカスカな映画でしたが・・・。
 
 でも旧トータルリコールのオマージュ
(というかまんまパロディ)も随所に見受けられ
ブレードランナーも大いに意識した世界観など
作ってる方はそれはそれで大いに楽しんでるな〜と
結構好感でした。

 まぁ楽しめたのは前半のみで
後半はただただ派手なアクションばかりで飽きましたが。
その辺は新しいロボコップと同じ感じかな?
特撮やCGなんかは凄いけど
派手なだけで工夫や見せ方みたいな演出がおざなりで
絵に「うすっぺらい」感しか感じられないなぁ。

 しかし、登場人物名と役どころがかまんま一緒なのには参った。。
原作のリメイクというより
1990年トータルの脚本のリメイクなんだな・・・。

 シュワちゃんのトータルの方が映画としては
ぜんぜん面白かったけど
逆に今の人には新しい方が喜ばれるのかもね・・・

 最近の大衆迎合的な大作映画では
昔の作品みたいなエポックメイキング的な
何十年も語り続けられるような作品はもう生まれないだろうな。
とは言え昔は昔で芸術的な程B級などうでも良いような
グダグダ映画もたくさんあったんだけどね(笑)
posted by ケンイチロウ at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/172669015

この記事へのトラックバック