2008年10月06日

根室半島と納沙布岬

 さて、午前11時すぎに釧路に到着し
今夜泊まるホテルでチェックインの手続き。
さすがに部屋はまだあいていないとの事だったので
バイクのうしろにくくり付けてある大荷物を
預かってもらい、根室まで走る事に。

 午前中は良いお天気だったのですが
午後になるとど雲に覆われはじめて
ちょっと空模様が気になり始めました。

 釧路から根室までは約125km
そこから根室半島の突端の納沙布岬までは約25kmの
片道150kmの工程。この辺りでは半日仕事の距離ですが
北海道ならお昼から行っても夕方には帰って来れるかな?!と
結構適当に釧路を後にしました。

 釧路はかなり大きな都市で
駅前はもとより郊外にも市街地が広がっていて
大型のショッピングセンターや娯楽施設など
普段住んでる人が利用するような施設が
けっこう遠くまで街が続いていました。

 北海道は人が大勢住んでる所と
そうでない所の差が激しく(笑)バイクでしばらく走ると
すぐに原野の一本道的ないかにも北海道らしい風景に戻りました。

 根室半島は牧場も数多くあるらしく
地平線を見渡す限り広大な牧場が広がり牛がのどかに
草をはんでいました。

 釧路などの都会(?)はこれでもかっ?!って程
信号があるんですが、街を離れるとほとんど信号もなくなり
道路もまっすぐで整備されていて走りやすい事この上ありません。
ついついスピードも上がりがちなので
気をつけて自制していかないと...

 根室までは途中いくつか比較的大きな街はありましたが
それ以外はずっと何もない原野や牧場で時折小さな集落や
漁村が点在するのみの寂しい所でした。

 2時間ちょい走り3時少し前に納沙布岬まで辿り付きました。
この頃には今にも雨が降り出しそうなくらい黒い雲が立ち込めて
イマイチ納沙布岬のイメージも暗くナリガチな感じでした(笑)

 岬には大きなモニュメントや平和の塔なる展望台などがあり
岬のほんのすぐ先には北方領土の島々が見えました。
 地図や報道などで北方領土の件はよく知っているつもりでしたが
実際こんなに近くにあるとはちょっと驚きでした。
展望台の双眼鏡をのぞくと北方領土に停泊しているロシアの
船らしき姿や港の施設がはっきり見て取れました。

 J0010043.jpg

 この日はちょうど岬で何かイベントがあったらしくて
モニュメントの辺りでは片付けの真っ最中タイミング悪!!

DSCF3535.jpg  

北方領土返還を願う大きなモニュメントなのですが
コレは裏から見た写真(汗)

DSCF3544.jpg

表から見る方が絵的には映えるんですが
この日はステージと看板が邪魔な上に天気がイマイチでした。

ちなみにこのモニュメントはなんと鋼鉄製!!カッコイイ〜

DSCF3536.jpg

 納沙布岬から道路を挟んで反対側にそびえるのが
平和の塔なる高さ100mあまりの展望台
せ〜っかくココまで来たのだからと記念に上ってみました。
入場料は千円でエレベーターで展望台まで上がれるんですが
たまたま人がいなかったのかいつもこうなのか?鄙びた感じ(笑)
 館内はちょっと薄暗くて廃墟みたいな埃っぽい匂いが...
いかにも人が来ないような感じだったけど
受付のお姉さん(2人)はかなりの美人でした!!

J0010047.jpg  

 展望台の中はこんな感じです。
360°ぐるりと窓があってパノラマが広がっています。
 
nosapu.JPG

 もうちょっと天気がよかったらなぁ...

 小一時間納沙布岬をうろうろしたあと釧路に戻りました。

 途中根室駅前にあるレストランで根室名物「エスカロップ」を
食べて帰ろうと思ったんですがレストランの場所がわからない!
レストランの載ってるガイドブックをホテルに置いて来た
荷物の中にあるのを思い出し結局断念しました。
 小さな小さな町なので探す気になれば
すぐ分かったんだろうケドね(笑)

J0010060.jpg 

 根室駅前の様子
 ちょっと寂しい感じでしたね。
 釧路には6時半頃には戻れました。
 


posted by ケンイチロウ at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/20618245

この記事へのトラックバック