2008年10月11日

天の川

 北海道帰りのフェリーの船上

 一通り船内も見て歩き
デッキに出てみると星がとても綺麗

 あたり一面はまさに漆黒の闇

 陸地から十数キロの海上を航行しているので
陸地からの光もほとんど届かず、時折近くを通る船の明かりや
灯台と思われる光が真っ黒な地平線に明滅を繰り返すのみ。

 墨を流したような真っ黒な海とは対照に
満天の星が夜空いっぱいに広がり、意外に明るいものなんだなと

 明るい都会の夜空ではもう見られなった天の川
それが驚くほどはっきりと、星の輝きの川のように
見る事が出来ましたよ!!星々の輝きもさることながら
光る砂かミルクを流したようにボ〜っと光る川の流れのような
筋を見る事が出来たのは何十年ぶりかなぁ?

DSCF3630.jpg
 
 船上から長時間露光で天の川を写してみたんですが...
あまりわからないのがもどかしいです(笑)
 画面中央あたりに流れる白い帯が天の川の淡い光の流れです。
赤い線はフェリーの煙突から噴出している火花の筋ですよ。

ちなみに海上はものすごい強風で立ってるのも困難デシタ

posted by ケンイチロウ at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/20913726

この記事へのトラックバック