2009年10月12日

八戸フェリーターミナル

 八戸ICから15分くらい走ると
八戸港にある、八戸フェリーターミナルに着きます。
 ここからは、川崎近海汽船という会社の
シルバーフェリーという、八戸〜苫小牧間のフェリーが
日に4便就航しています。
2009hoJ0010009.jpg
 これが、八戸フェリーターミナル。
2階建てで、わりと小さな建物です。
 一階に、乗船受付などのカウンターとおみやげ物売り場があって
二階には食堂と、待合室があります。

 青森港からのフェリーですと、函館港に着くのですが
今回は、道東方面をメインに走るつもりだったので
苫小牧港着のフェリーの方がいいかな、と (^^)

 八戸〜苫小牧ですと、だいたい8時間くらいです。
ちょっと長いかな?とも思いますが、お風呂に入って
ひと眠りして休めることを考えると丁度いい時間かもね。
 もっとも、苫小牧に着く時間を考えておかないと
わりと、とんでもない時間に着きますのでご用心(笑)

 ちなみに、250ccのオートバイを連れて、2等に乗ると
9450円です。青森〜函館のフェリーだと、半分くらいの
金額ですけど、函館から、苫小牧までの距離がまた長いので
寝て行ける、って考えると、かなり妥当な金額かと(笑)

2009hoJ0010007.jpg 
これが、一階。手前がおみやげ物コーナーで
奥のカウンターが乗船手続きをする所で、その左にあるのが
二階へ上がる階段です。
2009hoJ0010008.jpg
二階にある食堂。カレーの味はごく普通(笑)
メニューはうどんやラーメンから、お刺身の定食などなど
いろいろあります。

建物のすぐ裏がフェリー埠頭で、建物の裏に回ると
どど〜んと、大きなフェリーが停泊しています!!
2009hoJ0010010.jpg

 八戸に着くまでに、意外に時間がかかっちゃったので
フェリーターミナルに着いてからは、わりとバタバタしてました。
出航が1時の船だったのですが、乗船開始は90分前からで
オートバイは一番最初に乗せるんで、乗船手続きが終わると
すぐに搬入準備、あんまりのんびりしてる暇はなかったです。

 まぁ、搬入っていっても、フェリーの搬入路から
バイクでそのまま乗り込んで、バイク置き場に止めると
係りの人が、運航中に倒れないように
ロープで固定してくれるだけんですけどね。

2009hoJ0010018.jpg 

 バイクはこんな風に止めてあります。
長い連休だったので、バイクもいっぱい来ていました。
ここのフェリーは、しっかり固定してあれば
バイクに荷物を積んだままでもOKなのがありがたいです。

 バイクは一番最初に積み込みが始まるので
載せてしまうと、出航まで結構時間はあるんですよね(笑)
 まずは、二等の船室の場所取り。
二等はカーペット式の大広間って感じで
繁忙期以外は、場所指定はないので適当に場所を見つけます。

2009hoJ0010013.jpg
 こんな感じ。結構広いです。
一部屋で、20人くらいかな?
 船によっては二等寝台っていう、カプセルホテルみたいな
小さな仕切りのついたベットもあるのですが(ちょっと高い)
雑魚寝(笑)でも、広々したこっちの二等の方が好きですね。

 出航までは時間結構あるので
お風呂に入ってのんびりしてました。
 船内には、レストランや売店もあるのですが
お風呂もそうなのですが、開いている時間が決まっているので
結構混雑している感はしますね。
 レストランもあるので、何か食べようかな?!と思いましたが
台風一過で、停泊中にもかかわらず、微妙に船が揺れるので
船酔いの予感が...
売店で「チョコモナカ」買って食べてました(^^ゞ
2009hoJ0010012.jpg

2009hoJ0010017.jpg

 二等船室はこんな感じです。
結構開放感があって、寝台タイプよりこっちの方が好きですね。

 1時にフェリーは出航。
この頃には、お風呂にも入ったし、アイスも食べてのんびり。
昨晩は一晩中走りづめだったので
あ〜船が動き出したな〜とは思いましたが
すでに夢心地の中でした。

 苫小牧に着くのは夜10時。。
ひと眠りして、のんびりすごしていました。

posted by ケンイチロウ at 02:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32848819

この記事へのトラックバック