2009年10月18日

北海道旅行 苫小牧→日勝峠→帯広と...


 苫小牧で餃子カレーを食べ、英気も十分!!
いざ深夜の日勝峠へ!!と、意気込んだのもつかの間 (-。-)

 それこそ、10分も走らない内に、寒くて凍えそうな感じに...

 いや、尋常じゃない寒さなんだって!! ^^;
吐く息でヘルメットのシールドは曇る感じ。
 この時点の装備は...布の服、こんぼう、違ウ!!
下は厚手のカーゴパンツ、上は長袖のシャツ+トレーナー+厚手のジャケット+ジャンバー
苫小牧に着いた時に寒くて何枚か重ね着したんですが、それでもまだぜんぜん足りない!!

 走っていると、寒さで足がガクガク震えて、寒くて歯の根も会わない (+_+)
一年前に来た時も、寒いは寒かったけどコレほどまでは寒くはなかったゾ?!

 これでは命にかかわる?!と苫小牧から235号線で、30kmほど走った所にある
道の駅「むかわ四季の館」で荷物をほじくりかえして予備の服も引っぱり出すことに...

 ねまき用のスエットの上下と、カーデガン、さらには雨の時に着るハズの
レインスーツも着込んでの重装備!!まさにアーマードバルキリー状態。。
その格好たるや...着膨れてカッコ悪いこと甚だしい(苦笑)

 ところで、道の駅「むかわ四季の館」は結構大きな施設でした。
ホテルやレストランとかいろいろな施設があって、きれいな所でした。
駐車場にはたくさんのキャンピングカーや、中で寝ていると思われる車が多数止まっていて(笑)
 道の駅は、きれいなトイレと休憩スペースがある施設で
昼間ですと、地域の物産やおみやげもの、食堂やレストランなどがあいていて
旅行者にはとてもありがたい施設なのですよ。

 さて、これからはかなり過酷なルートになる予感。
 
 苫小牧から釧路などの道東方面に抜けるには、日高山脈という山脈を越えなければいけないのですが
今回選んだルートは、日勝峠という峠越えのコース。
昼なお暗い山中の森の中を、真夜中走るなんて正気の沙汰ではないと思うのですが...
実はこのルートは、道央(札幌とか)と道東(釧路とか)を結ぶ最短ルートらしく
真夜中だというのにトラックが走る走る...バイクは自分だけでしたが(悲)
まぁ、そんなワケで孤立無援という感じじゃないのは心強かったですけど。
あ〜といっても、真夜中バイクが走るコースじゃないので、全くお勧めはしません。。
走るならぜひ日中がいいと思います!!(力説)

 むかわ四季の館から70Kmくらいはしると、樹海ロード日高という道の駅があります。
ここは、夜間はトイレに入れるくらいで、休憩は屋外のベンチ。。
とはいっても、寒い!!寒すぎる!!外なんかじゃ凍えて死んでしまいそうな温度なのですが
さすがに、トイレの中で暖をとる訳にはいかず、用を足した後すぐに出発しました。
ここも駐車場にはたくさんの車が止まっていました。

 日高を抜けて少し走ると、日高山脈越えの峠道に入っていくのですが
それ程タイトな峠道ではないのだけど、夜間という事もあり結構きつかったです。
あいかわらず寒いいし (^^ゞ

 こちらの感覚でいうと...真冬のものすごく寒い日って感じでしょうか?

 実際、道路の電光掲示標識の温度は5℃とか、路面0℃とかって表示が...寒いワケだ。。

 ちなみに、北海道は9月の連休でこんなにも極寒なのか?!と思われる方もいるかと思いますが
あとで聞いた話だと、この日は特別に寒かったとのコトです。

 さて、時間はまさに深夜。。

 人家などは、もうまったく無く、数十キロ四方誰も人はいないんじゃないか?!って感じの
日高山脈の真っ只中なのですが、突如まばゅいばかりのサーチライトの一群が?!
コレはなに?!と思ったら、真夜中のこんな山奥深い秘境で、道路工事していました。
たくさんの人たちが、道路の拡幅工事なのかな?大きな重機などを使って作業してました。
こんな真夜中の山中で、夜を徹して工事とは、頭が下がるばかりですが
心細い深夜の山中で文明の槌音に励まされるようでした。

 無事に日勝峠を抜け、下り坂に入ると大きなドライブインがあったので、そこで休憩。。

 あいかわらず寒いのですが、それを忘れる程星空がきれいで30分ほど空を眺めていました。
あたりに、まったく光の無い所なので、天の川がほんとうに綺麗に流れるように見えました。
昨年はフェリーの船上で眺めていたのですが、ホンと星の多さには驚かされます。
まさに、地球は天の川銀河の外れにあるんだなぁって実感しますね。

 峠を下りきると、帯広の外れの清水という町にたどり着きました。
時間は3時。まだ外はまっくら。。

 さむくて死にそうな感じなのですが、さりとて暖をとれる様な所はなし。。
コンビニもさすがに見当たらないゾ。。
ふと道路沿いに「とかち清水よりみち情報館」なる建物があるのに気がつきバイクを止めてみると??
 道の駅ではないのですが、トイレと暖を取れそうな屋内の休憩室を発見!!
ここも24時間、トイレと休憩用のスペース、道の状況などの情報を提供してくれる
旅人には心強い施設でした。休憩スペースは屋内にあり、暖房もかかっていたので
とてもありがたかったです。極寒の地獄から、まさに天国気分☆
30分くらい、ウトウトしてしまいました。
 
2009hoJ0010023.jpg
これは、むかわ四季の館の駐車場
たくさんの車が止まっています。あとで聞いた話ですが
北海道の人は休みの日など、結構車でキャンプなど出かけて
道の駅などの駐車場で泊まるそうです。

車で北海道旅行も楽しそうですね。

posted by ケンイチロウ at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33008103

この記事へのトラックバック