2010年03月21日

久しぶりに映画を見てくる (-_-)


 前から見たい見たいと思ってた「アバター」を見てきましたゾ。

 ちょうど用事で都内まで出かける機会があったので
池袋で見てきたのですが、公開開始から3ヶ月くらい経ってるのに
まだまだ満員大入りみたいな感じでした。
(まぁ、三連休というか土曜日だったせいだろうけど)

 劇場にたどり着いたのが上映から20分くらい経ってからで
ん〜どうしよう...最初から見たいけど
次回上映まで暇を潰すのも面倒だし
(帰りの時間もすごく遅くなるし)
まぁいいや、と途中で入るコトにしました。

 最近は指定席制なんで、最初見られないからって
次回の上映で最初だけ見て出るって出来ないんでしょ?
 窓口で今やってる回に入るって言ったら
チケット売りのお姉さんに怪訝な顔をされてしまった!!

 おまけに、コーヒーとポップコーンを買おうと思ったら
上映中は売店開いていないし!!キビシィ〜!!


 噂の3D&日本語吹き替えというので
どんな感じかと思っていたんですが
3Dはメガネがうっとおしくって
イマイチ映画に集中できなかった感じがします...
なんか、頭が痛くなってきて、ちょくちょく外してしまいました。

 日本語の吹き替えってのは、個人的には問題ないです。
プロの声優さんだけに、台詞回しもいいし
俳優に良く合っていて違和感はなかったです。
 時々ある
ウケ狙いだけの芸能人や芸人の起用だけは止めて欲しいですが...
(あくまでも個人の意見です)


 ...確かに映像は精緻ですばらしく、3D感もばっちり
でも...話が面白くなかった。。あくまで個人的意見ですが。
 マカデミー賞を技術的なモノ以外で取れなかったのも
なんとなく納得。強調しますが、あくまで個人的な意見です。
 もともとSFエンターテイメント的な作品が
アカデミー賞の選考委員の受けが良い訳はないのは
周知の通りなので、興行成績がどんなに良くても
賞をあまり取れないのは、気にはしていなかったのですが
 ...まぁ、これじゃマジ仕方ないよな、と納得。
 日本の誇る、某映像作家(監督とは呼ばない)が
僕のやりたい事はアバターで全部やられた!と絶句してましたが
...あんたのやりたい事はこんな程度のコトだったの?と...
 誰かビューティフルドリーマーを実写映画化してくれ〜
希望はティム・バートン監督かテリーギリアム監督希望
(堤監督のアレではありません。)

 キャメロン監督は、もちろん好きな監督なんですけどね。
エイリアン2、タイタニックと大絶賛な作品なんですが
アバターは、ハッキリ言って内容が陳腐すぎます。
 アイディア的には、日本のマンガやアニメで
さんざんやられてきたアイディアが再構成されたたって感じだし
作品のプロットも、最近のハリウッド的な映画そのもの。。
 キャメロンファンとしては、期待が大きかっただけに
ちょっと失望した感じでございました。
 マスコミなどは大絶賛してるし
見た人も面白いって言ってるけど、ホンとに?!って感じ。

 まぁ、自分がかなり偏った見方なマニアでオタクって
事は間違いはないと思いますけどね(笑)

 もちろん、技術的な所では文句はないです。
惑星P(あえてこう表現、ちなみにクモどもの巣窟もPです)
の表現も緻密で精細ですが、ナ○シカを見た目には
二番煎じの感は否めません。

 話は変わるが、誰か、ナウ○カを3Dの実写で見せてくれ〜
希望はリドリースコット監督かジェームスキャメロン監督。

 この手の作品の最近のハリウッドというか
映画界全般に言えるのは、とにかく悪い企業と
頭のネジがズレた軍人(だいたい大佐)が
悪役ですよね〜あと、テロリスト。。
この辺が一番興行に影響しない無難なヒールなのかな?

 一言で言うと、「クセ」のある映画が無くなったっか感じ?
最大公約数的に、受けがいい内容で
多くの人に見てもらえるという、安全パイな映画ばかりな感じ?

 ...個人的な趣味で言うなら
地獄の黙示録的に、もっと狂気じみた感じで
大虐殺を描いて、その中で地球人としての自分と
異星人に受け入れられたもう一人の自分の
激しい葛藤に苛まれる主人公の心の描写が欲しかったです。

 まぁ、真面目な話はコレくらいにして
アバターは、正直、大好きな宇宙海兵隊の活躍が少なくて
とてもガッカリでした。エイリアン2の宇宙海兵隊は
カッコ良かったなぁ〜。まさに海兵隊魂の真骨頂だったのに
アバターの宇宙海兵隊はど〜なのって感じ。。
 スターシップ・トルーパーをキャメロン監督が
撮ってくれればよかったのにと思わずにはいられません。
 
 細かいところを指摘すれば
いくらでも突っ込み所はある映画ですが
 そういえば、サロゲートもなんかアバターっぽいぞ!!
ちなみに、本当はサロゲートを見るつもりでしたが
上映館は沖縄にしかなかった(泣)

 という訳で
個人的な感想はアバターはちょっとね〜的な評価です。
でも大佐はカッコ良かったです。
パワードスーツも良いです。ジャイロも良いです。
宇宙海兵隊もナイスです!!
 大佐は最後にパワードスーツを放棄して
生身で青いのと戦ってくれれば、SF映画史に残る
偉大な悪役として語り継がれたことでしょうに (@_@。


posted by ケンイチロウ at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | の〜まる日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36570922

この記事へのトラックバック