2010年03月27日

ヴィヴィ仔さんが帰ってきたよ☆

 愛車、ヴィヴィ仔さんことスバル ヴィヴィオが
電磁クラッチの交換修理から戻ってまいりました〜

 ヴィヴィオのECVT車の宿命ともいえる
電磁パウダークラッチの寿命による不具合。
 寿命がくると、シフトレバーがものすごく硬くなったり
ギアの切り替えがうまくいかなくなっちゃって
そのまま放置していると、CVTまで壊しちゃうそうです!!

 乗り方にもよるそうですが
電磁パウダークラッチの寿命は
だいたい10万キロ前後だそうで
家のヴィヴィ仔さんも、そろそろ10万キロ。。
そろそろ来るな〜と覚悟はしていたのですが(笑)

 年明けくらいから、微妙にシフトレバーの切り替えが
硬くなってきたな〜なんて気づき始めたのですが
ホンとに寿命が来たの?とちょっと半信半疑だったので
ECVTのフルードを変えてみたり
あんまり関係ないかもだけど、エンジンオイル変えてみたり。

 結局、改善しなかった為に諦めて修理工場へというワケです。

 電磁パウダークラッチの交換は
噂どおり難易度が高いらしく、特に4WD車は
エンジンを下ろさないと、交換が難しいらしいそうです。
 どうせエンジンを下ろすならと
エンジンを車体と繋ぐ、ゴム製のブッシュやホース類など
交換した方が良さそうな部品は取り替えてもらうコトにしました。

 初めて整備してもらう、ごく普通の
町場の小さな自動車整備工場でしたが
すごく良い仕事をしてくれるようで
整備の状況や、交換部品など
写真に撮っておいてひとつひとつ丁寧に説明してくれました。
大掛かりな整備で、お金もかなりかかっちゃいましたが
キチンと直してもらえたようで大満足の仕上がりでした。

 さて、さっそくヴィヴィ仔さんを乗り回してみると...
快調、快調!!ECVTの、今までの不具合感はまったく無く
CVTの特徴でもある、シームレスでスムーズな加速感が
今まで以上に感じられるようになりました☆

 ヴィヴィオのECVTって
結構有名な話なのですが、クリープが無いんですよ。
 クリープって、オートマ車なんかでは
ニュートラルやパーキングにしておかない限りは
ドライブにギアを入れたままだと
ブレーキを外すと、そろりそろりと車が前に進みだすアレですが
ヴィヴィオのECVTはクリープがなくて
Dレンジでも、停車するとピタって止まってるんです。
 電磁パウダークラッチが、くたびれて来ると
無いはずのクリープが起こるようになるんですけどね〜
 ヴィヴィ仔さんを手に入れた時から
微妙にクリープっぽい挙動はしていたので
こんなものなのかな?と思ってはいたんですが
クラッチを直したら、ピタっと止まる様になりました(笑)
へ〜これがヴィヴィオECVTのあるべき姿なのね〜
 ちなみに、クリープ無しって
意外に評判が悪かったらしくて、最近のECVT車は
ほとんどクリープが出るようになっているそうですね。

DSCF6537.jpg
 ヴィヴィ仔さんのエンジンルーム。
エンジンを下ろして、がらんどうの写真見せてもらいましたが
なかなか新鮮な感じでした(笑)
 エンジンに付いてる、パイプやケーブル、シャフトなど
全部外してから、エンジンを車体から下ろすだなんて
素人の自分には想像も出来ない位の荒業でございます。
ただただ脱帽 (-_-;)
 オイル漏れであちこち汚れていたのですが
どこも綺麗に清掃もしてもらったようで
エンジンルームも見違えるように綺麗になっていました☆
(写真じゃ分からないでしょうけど...)
DSCF6542.jpg
今日はお天気が良かったので
車を洗ってきて、久しぶりに自分でワックスをかけてあげました。
洗車場のワックス洗車とは、やっぱり綺麗さが違いますね〜
(写真じゃ分からないでしょうけど...)


posted by ケンイチロウ at 17:15| Comment(4) | TrackBack(0) | ヴィヴィ仔さん(ヴィヴィオ)
この記事へのコメント
始めましてコメントさせていただきます。

「スバル 電磁クラッチ 交換」という
検索単語でこちらのサイトにたどり着い
た次第です。

当方、スバルのCVTを搭載したFIATのpunto
という車に乗っております。 電磁クラッ
チが派手に鳴ったり、ガクガク停止するな
ど限界を迎えています。
交換が必要な状態です。

98年製造なので13年目。
もうすぐ7万Kです。

できれば手放したくないのですが、修理代
金によってはどうしようか考えなければな
りません。 

たいへんぶしつけな質問で恐縮ですが、クラ
ッチ交換をした際、おいくら位かかったのか
教えていただけませんか?

よろしくお願いいたします。
Posted by シエナ at 2011年10月22日 18:50
シエナさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

ご質問の電磁クラッチ交換の件なのですが
私の場合支払い代金で12万円程度でしたよ。
一般の自動車工場で交換をお願いしました。
電磁クラッチの交換なら
ディラーでなくても出来ると言われました。
ただ、ヴィヴィオはエンジンを降ろさないと
交換できないそうで、その分割高には
なるとの事でした。
スバルのディラーで電磁クラッチ交換を頼むと
15万円くらは掛かるそうです。

90年代の車は
国産、外車問わず個性的で良いですよね〜
最近の車は性能は良いんだろうけど
どれも同じに見えちゃって(笑)

古い車はいろいろ大変ですけど
気に入った車は大事に乗りたいものですよね!
ウチのヴィヴィオは10万キロ越えですが
まだまだ走る気まんまんですヨ

お役に立てるかどうかわかりませんが
またご質問などあれば
お気軽にコメントくださいね〜
Posted by ケンイチロウ at 2011年10月22日 19:50
管理人様、早速のコメントありがとうござます!
とても助かっております。

そうですね、最近のはどれも同じに見えてしま
いますね。 遠出の際、友人の車を時々を運転
しますが、ドライビングの面白みも少ないとい
うか…。 

週品部品も交換されて12万円ですか…。 
聞いていた(20万位)よりもいくぶん安い印
象です! 
同じ値段で僕のも直るなら今すぐ修理へゴーサ
インを出したい(笑)。

エンジンを下すってのはたぶん一生に一度
経験するかしないかですよねぇ・・・。

もう2点、聞かせていただけますか?
@クラッチ修理後、1年半たっているかと
思いますが、発車時・停車時の滑り感やら
ガクガク感の再発はありますか??


Aスバルディーラーというのはいわゆる展
示場もって新車から中古車まで扱っている
場所のことですよね? 
街中にあるような修理工場にお願いしたと
のことですが、それはスバル系統のお店だ
ったのでしょうか? それともメーカー問
わず場数を踏んでいる職人気質のメカニッ
クさん工場でしたか?

(知人がダイハツ系の町工場で、車検等は
そこにお願いしてるのですが、電磁クラッ
チの修理経験がないらしいので、どういう
ところにお願いするべきか図りかねてお
りまして。)

ご多忙な中恐縮ですが、よろしくお願いい
たします。
Posted by シエナ at 2011年10月23日 14:32
お返事が遅くなり申し訳ありません!!
ヴィヴィオのクラッチ交換の際の
請求書とかいろいろ探していました(笑)

まず金額なのですが12万円で間違いありませんでした。
明細書を再見した所、エンジン周りのゴム製部品
(マウントやホース類など)すべて交換もしていて
さらにクランクシャフトも交換しておりました...
電磁パウダークラッチと同時に電磁クラッチブラシも
交換しているみたいです。
(私が調べた時も、同時に交換するコトが多いみたいでした)

また、後日思い出したのですが
当方のヴィヴィオは4WDなのですが
FFだとエンジンを降ろさなくても作業できるような事を
整備工場の方が仰っていました。
FFだともっと費用が安くなっただろうとの事です。

その工場は頼まれればどこの車でも見ると言った感じの
修理工場で、いろいろな車を見たそうですが
電磁パウダークラッチの交換は始めてだったそうです。
お店自体はふつ〜の修理工場で
気のいいお兄さんが見てくれました。
面倒くさい頑固オヤジっていう感じじゃぜんぜんなかったです(笑)
ナンか普通に自動車の整備をしてる工場なら
どこでも出来る修理だって言ってましたよ。

部品単体の値段で
一概に修理費用の高い安いには繋がらないと思いますが
明細書を見る限りでは
電磁パウダークラッチ自体は比較的安いと思います。
(公の場なのでいくらかここでは申し上げられませんが)
エンジンを降ろして、劣化部品の交換をし
ドライブシャフト、電磁パウダークラッチ交換も含めた一式の
お値段といった感じだと思います。

クラッチ交換をした後ですが
シフトノブの入りづらさや、変速時の嫌なショックもなくなり
本来ECVTには無いはずのクリープも修理後は無くなり
おそらく本来のヴィヴィオの走りに戻ったと思われます。

お乗りのお車がFIATだそうですので
ヴィヴィオと同じように交換が出来るのかわかりませんし
ヴィヴィオ用の電磁パウダークラッチがストレートに付くのかも
想像もつかない領域なのですが
一度お友達の整備工場で詳しく調べてもらってはいかがですか?
整備工場のルートだと部品納入業者さんに調べてもらったり
ディラーの整備の人と交換時の相談も出来るって話ですよ。
ぜひ修理してあげて末永く乗ってあげてください!!
電磁パウダークラッチを交換すればあと10万キロは行けます(笑)

Posted by ケンイチロウ at 2011年10月24日 23:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36716266

この記事へのトラックバック