2011年03月04日

バトルフィールドアース

 前から気になってた映画なんだよね(笑)
ジョントラボルタ主演(?)のSF映画で
興行的には散々、おまけにダメ映画の烙印といわれる
ラジー賞までいただいちゃったといういわくつきの作品なんですが(^_^;)

 映画好きなんですが
さりとてあまり映画を見に行く事もなく
レンタルで借りる訳でもなく
もっぱらTVで放映されるのを見る事が多いのですが
TVの映画枠で放送される作品って
最近はどれもいかにも視聴率取れそうな映画ばかりで
奇作、迷作的な掘り出し物的な作品って滅多にお目にかかりません。

 そんな中、12チャンネル(地デジは7?)の午後のロードショーは
最近珍しい、気骨ある作品を流し続けてくれるマニア感涙の良心的番組です(笑)

 さて、そんな午後のロードショーで
ラジー賞特集と言う物凄い企画で映画をセレクトしてくれて(笑)
全部は見てないですが
バトルフィールドアースが放送!見逃すワケにはいません!
どんなダメ映画かとわくわくしてみたのですが...

 自分個人的にはふつ〜に面白かったゾ
いや、ダメっぽさは多分にありましたが
そんなボロクソに言われる程酷くはないような気がする。

 まぁ、リドリースコットやデビッドリンチが監督したら
物凄い伝説的映画になったかとは思いますが
(この脚本ではやらないだろうし、やったら全くの別物になってると思う)
 なぜこの二人?と言われるとちょっとオマージュっぽいシーンや
砂の惑星っぽい感じがあったので (^^;

 でもまぁ、内容のむちゃっぷりはSF映画だし
これはこれでアリかな?と・・・
それ以前に、最近この手のスケールの大きい
SF映画自体が少なくなったような気もします。

 原作はSF小説か何かなんでしょうか?
小説で読むと結構面白いかもしれないですよ、コレ。

 ア○ターの方がラジー賞に相応しいとかって言ったらダメ?
大ヒットした映画は受賞しないんだっけ?この賞?!

 それにしても
トラボルタが冴えない役だったなぁ...
よくあんな役引き受けたもんだ。。


 
posted by ケンイチロウ at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43671806

この記事へのトラックバック