2012年10月11日

健康で文化的な生活

引っ越して来た先の部屋は
トイレにシャワートイレ用のコンセントがありました!
おぉ〜文化的住宅 (^o^)
どうせだったら、シャワートイレ完備あと嬉しかったのですが
そこまで望むのは贅沢というのも・・・

シャワートイレ、前から憧れていたんだょなぁ・・・(^^ゞ
なくても良いんだけど、現代文明の極みというか、文化的(笑)

どのくらいの費用で付くんだろう?!と
近所のホームセンターなどでリサーチしてみたら
工事費込みで十ウン万円と結構お高い。
さすがに引越しで入用の昨今、この出費はムリムリムリィ〜

そう思いつつ「密林」をのぞいてみたら・・・
一万円ちょっとで手に入るコトが判明!!
誰が付けるんだよ・・・とも思いましたが
購入者のヒトコトを見てみると、自分でも付けられそうな雰囲気。

ちょっと迷いましたが、せっかく安く付きそうだし
どんなモノかと買ってみたゾ!!

さて、取り付けはというと・・・

思いの外簡単につける事が出来ましたよ!

水道の大元の栓を一度締めて
水が噴出さないようにしてから
トイレの給水パイプを外して、シャワートイレに同梱されていた
分岐器具や、ホースを取り付けて
本体をトイレに据え付ければ完成!!三十分くらいのお仕事でした。

使い心地は・・・
う〜んデリシャス(笑)
文化的な気分です(^^ゞ

しかし・・・
温水とか暖房便座を使うと
恐ろしく電気代がかかりそうなので
全部電気切って、使ってるのはシャワー機能だけ・・・
その辺はあまり文化的ではない?
文化生活はお金がかかるものなのですね (T_T)

120930-122412.jpg
水洗なので十分文化的ですが
せっかく現代文明の粋をこらした
シャワートイレが付くので付けてみる事に!!
コレ、トイレにコンセントが無いと
付けるの無理なんですよね・・・
120930-122700.jpg
便座を外した図。

120930-124206.jpg
こんな風に必要な物はほぼセットで入っていました。
それにしても
一番安い価格帯のシャワートイレでしたが
必要な機能はすべて付いているし
なんといってもお値段が良心的な普及価格なのには感心。
庶民にも手が届くまさに文化的価格。

120930-130931.jpg
シャワートイレ取り付け完成の図。
こころなしか、トイレのグレードも上がったようです(笑)

posted by ケンイチロウ at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 真・きらめき製作所
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59087617

この記事へのトラックバック