2013年05月21日

こんなもの?

銀髪碧眼のハイパーヴィヴィ仔さん。

ヘッドライトのバルブ(ランプ)を
ノーマルのハロゲンランプから
色温度の高い(白っぽい)バルブに交換しました。
ブルーのバルブを付けると青が反射板に写って
ヘッドランプが青っぽく見えるんですが...
ハイパーヴィヴィ仔さんは
照射高さ調整装置が付いてるせいか
ぜんぜん青くなりませんでした(泣)

それだけなら、ともかく...

ナンか暗い!!

気のせいかも知れないのですが...
なんか暗い気が (=_=)

ランプのワット数は同じで
照度は倍くらいになってるそうなんですが...
ナンか暗い?!

青白い光だと、黄色みがかったバルブより
視覚的に暗く見える可能性もあるのですが...

バイクにはHIDランプ付けてあるのですが
確かに明るいは明るいのですが
視覚的には暗いような気もするので
色温度が高いランプはそんな物なのかなぁ?

でも夜間、信号待ちで止まってる時とか
隣のノーマルハロゲンランプの車と比べてみても
ナンか暗い気が...

やっぱ気のせいだよねぇ?!(笑)

130521-194103.jpg
電気を消すとこんな感じ。まっくら。。

130521-194030.jpg
交換したバルブ。
こうして見るとそんなに暗い感じはしないんですけどね。
ちなみに、ハイパーヴィヴィ仔さんのヘッドランプは
ワイド照射タイプで、かなり広範囲に光が広がるので
よけい暗く見えるのかもしれません。

130521-194049.jpg
あまり使う機会のないハイビーム点灯。
こちらはノーマルバルブ装着なんですが結構明るい。
というか明るすぎて逆に使いづらいかも (^^;



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68108050

この記事へのトラックバック