2013年06月02日

だんだんハードルが高くなる...

ウレタンフォームで大雑把なカタチを切り出し
表面の荒仕上げが終わったので
今度は「掘り込み」工程。

刀身の刃の無い部分が、一段低くなっていて
模様が入ってるようなのですが
コレをどうやって再現しようかと...

当初は、掘り込み部分を切り抜いて
薄いウレタンフォームを嵌め込もうかと思いましたが
強度的に難しいので、全体の強度を上げて表面仕上げをする為の
パテを段をつけて塗り重ねる方法を取りました。

段を付ける為に、MDF合板を彫り込みたいカタチに切り抜いて
ウレタンフォームに貼り付けて型紙完成。
刃の部分に中処理用のパテを塗りつけていく準備が整いました。


こんな風になっています。ウレタンフォームは表面がボソボソなので
何かで表面処理しないと綺麗に仕上がらないんですよね。
かといって、普通の溶剤系のパテだと溶けちゃうので水性か
非溶剤系のパテが必要です。
130530-190018.jpg
「世紀末の詩」を見ながら...
この頃の広末は可愛かったなぁ(T_T)




これが今回初めて試してみた室内の壁補修用のパテ。
気硬性の水性なのでウレタンフォームは溶けませんが
ひび割れや乾燥に伴う肉ヤセが酷いのであまり使いやすくはないかも...

刃の表面部分に塗り付けつつ
段差を設ける為に張ったMDF合板の縁まで塗りこんでいきます。
130531-200153.jpg
「旧・地球防衛艦隊」を見ながら...
新しいヤマトってさぁ、女の子メチャ可愛いし、メカ描写も凄いんだけど
滅亡寸前、風前の灯で頑張る地球の悲壮感が感じられないんだけど
艦内、なんか楽しそうな感じすらします...
前のヤマトとの温度差というか〜
これが世代間格差?


130531-195402.jpg
これが今回お初で使ったパテ。
本来はお家の壁補修用。前の記事で書いた塗料もそうですが
大型の小道具だと、パテや塗料も大量に使うので
ホームセンターで売ってるような、DIY用を使う事が多いです。
初めて使うのでどうなるのかは不明。ぶっつけ本番が基本(笑)

posted by ケンイチロウ at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 造型(コスプレ小道具)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68724615

この記事へのトラックバック