2013年08月20日

あなたの知らなくてもいい世界 キャンプ場の怪異

あなたの知らなくてもいい世界
〜キャンプ場の怪異〜

基本ケンイチロウは心霊現象とか否定派です。
たんなる錯覚や思い込み、勘違いによる心理的な物だと考えます。
心霊写真...となると確かにナンかが写ってるのが気に入りませんが
カメラ内部の反射やレンズへの入射ではないのかという立場です。
(もちろんアリエナイ物が写りこんでる物もありますが...)

ただ、人類の英知の及ばない未踏の物理現象が存在するのもまた事実。
科学万能だなどと思い上がるのも考え物です。

さて、そんなケンイチロウですので
生半可な不可思議現象では驚きもしませんが
実際そういう場面に遭遇した事があるのも事実。

合理的に説明が出来ない部分も多いのですが...

10年ほど前の事。。
5月の月末にまとまった休みが取れたので
長い間の念願だった北海道へバイク旅行へ出かけました。

北海道へ着いて一日目の夜...
函館から少し離れた海辺の道路から10分くらい山間へ入った
人気のない寂しいキャンプ場でテントを張り野営しました。

自分以外キャンプする人もいない。
公園の一角にある小さな川辺のキャンプ場でした。

バイクで10分くらい走る海辺には温泉やコンビニもあるので
まったくの秘境ってワケでもないのですが...

夕方にキャンプ場に入りテントを張り
そそくさと晩飯を食べた頃にはもう真っ暗。。

テントの中に籠り、川のせせらぎを聞きながら
明日のルートを検討していました。

トラビスチヌ修道院方面へ出る道路があるので
時折車は通るのですがそれ以外は水の流れる音だけの世界。

10時をすぎて、そろそろ寝ようかと思い寝袋に入り
ランタンを消してしばらくすると...

どこからともなく
「キィ〜キィ〜」と低い金属音がしてきます。
ブランコをこぐ音です。

確かに公園がそばにあるんだけど
でも音、すごい近いんですが...(^^;
だいたい、辺りもう真っ暗だし。。

さすがにビビリました。

寝袋の中で、音の原因をいろいろ考えたけど
風でブランコが揺れてる?でも風吹いて無いし...
そもそも近いんですよ、音が。。

きっと幻聴に違いないッ!!と
ラジオを入れたんですが
放送のDJの声の他に、、やっぱり外から音が聞こえる。

テントの横にあるバイクに乗って
コンビニまで逃げようか?!とも思いましたが
外に出るのが怖いッ(笑)

どうしたものかと考えていると
パタっとブランコの音が止みました。。

もうぜんぜん聞こえない。。

助かった...

と思ったら
今度はナンかがテントの周りを歩いてるんですが...

コレは間違いなく
二足歩行の何かが枯葉を踏みしめながら歩く音。。

それがテントの周りをグルグルと歩き回る音がするんです。。
タヌキかキツネ...クマ?!は嫌だなぁ...
冗談はともかく
昔、ブレアウィッチプロジェクトって嫌な映画がありましたが
マジ、あんな感じです。

えっ、テントの中でどうしてたかって?
ラジオをかけて、ランタンをつけて
護身用に持っていたサバイバルナイフ握って
朝まで一睡もせず臨戦態勢ですよ。。

襲ってきたら、一矢報いてやるッ!!みたいな。
結局は3時半までウロウロしていたみたいです。

その時分の北海道は夜中も4時近くになると
かなり明るくなって、鳥のさえずりも聞こえ出します。

鳥の声がし始めると足音は消えていました。

助かった...

辺りが明るくなったので
あわててテントを片付けて出発(逃げ出す)準備をして
少し離れた所にある公園に例のブランコの様子を見に行き
試しに揺らしてみましたが...音はしませんでした。。
だいたい音がしても聞こえる距離じゃないし。。


それじゃ、何の音だったんだろう?と辺りを見回し
調べていると衝撃の事実を発見!!

大きな石碑が建っていました。慰霊碑でした。
碑文を読むと
昔、大きな津波に襲われて海辺の村が壊滅したそうで...
その慰霊碑でした。

きっと悪気はないんだろうな。。
めずらしく人が来たので寂しくて出てきたのだろうか?
子供なのか...まだ迷ってるのか...そんな事を考えつつ
慰霊碑に手を合わせてキャンプ場を後にしました。

それ以降...
ちゃんと管理人がいて一晩中電気ついてる
ぬるいキャンプ場を使うようになりました。。

いつかまたそのキャンプ場を
訪れてみたいとは思うのですが
まだ実現してはいません。


【あなたの知らなくてもいい世界の最新記事】
posted by ケンイチロウ at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | あなたの知らなくてもいい世界
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/72900335

この記事へのトラックバック