2017年09月20日

しまんと

 深夜は保安上の理由で立ち入りが出来ませんが
フェリーの屋上デッキに上がる事も出来ます。

 今はどうかは判りませんが
太平洋フェリーは深夜でもデッキに出られるので
天気が良ければ、真っ暗な夜空満点の星空も見る事ができます。
肉眼で天の川も見られるんですよ。
_S089008.jpg
 夕闇迫る門司港を後に船は出航します。
_S099009.jpg
 門司港を出航した後は九州沿岸沿いに航海して
四国の太平洋岸を回り、徳島港に向かいます。
posted by ケンイチロウ at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017天壱轟作戦

フェリーのお風呂

 旅の帰りに乗ったフェリーの最新鋭お風呂 (*^^*)

 就航したばかりなのでとても綺麗。
よほどの事がない限り24時間いつでも入れます。
_S179018.jpg
写真は真夜中二時位に誰も居ないので撮りました ('ω')ノ
しかしフェリーのお風呂ってどれも似たようなものだな・・・
_S149015.jpg
シャワーブースも完備しています。

 真っ黒な、真夜中の海を眺めながら入る風呂も乙な物 (^-^;

posted by ケンイチロウ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017天壱轟作戦

2017年09月19日

船上☆レストラン

 船旅の楽しみの一つと言えば食事なのでありますが・・・
今回新門司から東京まで乗船した最新鋭フェリーには
レストラン的な物はありません。
代わりに近未来的なオートレストラン(!)があります(^-^;

 地方の道路ッ端にあるような昭和レトロ的なアレではなく
冷凍やチルドパッケージを各種取りそろえた中々の物でした。

 味の方も、なかなか美味しかったデス(^-^)

 炭水化物多めの高カロリー塩分多めなメニューですが(笑)

 物珍しさに負けて
乗船するなり、出航もしてないのに食べ始めたのがコレ。。
徳島名物の徳島カップ麺と冷凍肉巻きお寿司。。。
_S908173.jpg
 いや、徳島は明日の朝に入港するんだからまだ早いだろって?!
_S918174.jpg
 肉巻きのお寿司は冷凍ですが、レンジで解凍して食べます。
オートレストランではいろいろな料理を販売してて
冷凍やチルド、ご飯もの、麺類たくさん種類があるのですが
その料理専用の電子レンジがあって、そこで温めると
丁度良い塩梅の食べごろになって完成する感じデス。。

 カップ麺は熱湯の出る給湯器があるのでそこでお湯を入れます。
_S898172.jpg
 コレが専用電子レンジ。専用の加熱皿に乗せ換えたりして最適な温度にするみたい。
_S928175.jpg
 出来上がった肉巻きお寿司と徳島カップ麺。。
_S938176.jpg
お値段の方は・・・正直、おそろしく良心的。
徳島カップ麺170円。。肉巻きお寿司400円。。
他のメニューも納得のベストプライス。。

 
 レストランスペースの一角にあるお皿コーナー。
加熱の為の専用皿やスプーン、フォークなど食事に必要な物が揃ってます。

 

 アイスとカップ麺販売機。これだけでも私は大丈夫。。
_S768159.jpg
_S778160.jpg
どちらもぼったくりではないおもてなしプライス。。
相対的にふつ〜の缶入り飲料とかの方が値段高く感じます(笑)
_S858168.jpg
 ビールなどのアルコール類もあるのですが
安全の為、出航後しばらくの間しか販売していません。
(入港後に酒酔いで車やバイクに乗られるのを防ぐ為)

_S808163.jpg
 うどん、そば、パスタ、焼きそば、親子丼、ドリア、カレー、チャーハン、マーボ丼
ジャンバラヤ、肉丼、ハンバーグ、しゅうまい、ホルモン焼き、カツサンド、助六寿司、ピザなど
他にもちょっとしたおかずやおつまみなどホンとたくさんあって
二日の船旅も食事に飽きる事はないんじゃないかな?
(わたしはカップ麺とアイスだけでも良いが)

 ただ、サラダ的な野菜物が無いのはちょっと辛いカモ。。

 そんな人にはコレ「冷凍むかん」
皮がないので冷凍むかんだそうです(笑)
買った直後はカッチカチなので全く歯が立ちません。。
解凍すればいいんだろうけど・・・
しばらく放置してから食べたら美味しかった。。
_S139014.jpg
船内で食べた唯一の果物。

 
posted by ケンイチロウ at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017天壱轟作戦

2017年09月18日

 フェリーターミナル

 東京〜徳島〜北九州を結ぶ
オーシャン東九フェリーの新門司港のターミナル。

 辺りは何にもないです。夜は真っ暗やみで
ビルの入り口も閉められちゃうので結構寂しいです。

 ビルもあまり利用者が居ないのか
お土産物売り場や食堂みたいな施設はないので
利用される方は来る前に
キッチリごはん食べてお土産買っておいた方がいいかも。
_S608143.jpg
フェリーの中はちょこっとだけお土産売ってますが
(ホンのちょこっとです) (^-^;

 「しまんと」というフェリーに乗ったのですが
ピッカピカの最新鋭の新造船です。日中はデッキにも出られますが
遅い時間や荒天時はドアに施錠されてしまうみたいでした。

 九州からだと夜7時に出航して翌朝徳島港、その次の日の朝に東京港に入港です。
私は二等洋室で乗船しましたが、大部屋にざこ寝というのではなく
カプセルホテルのような小部屋の寝室でした。
 まぁ、プライバシーは保たれるのかもだけど
だいたいこういう所って「イビキ」のうるさい奴だけが
気持ちよく寝られるようになっているので
私はほとんどラウンジやレストランでボケ〜っとしていました(^-^;
_S628145.jpg
 
 最新鋭の「びざん、しまんと、どうご、りつりん」の四隻体制で
東京と九州を結んでいるオーシャンフェリー。
_S998182.jpg
 バイク込みの二泊で九州〜東京で二万六千円。。。
コレは、安いと思うなぁ。まぁ、二日ばかり何も出来ないけど(^-^;
今回みたいに行は自走、帰りはフェリーでのんびり帰宅って言うのならいいのかな?

 今度九州をバイクで攻略をしてみたいんだけど
行き返りフェリー使うと4日程船旅になるのが痛いカモ。

posted by ケンイチロウ at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017天壱轟作戦

門司港☆レトロ

 門司というか、九州は初めて来たので面白かったです。

 元々の予定ではフェリーに乗る為だけに来たようなものだったので
時間もあまり無く、観光の下調べしていなかったのです。
 広島辺りで天気が悪く、急きょ一日前倒しで九州に入ったので
いろいろバタバタしましたが、泊まるトコもあったし
結構観光もできて良かった。
 門司の辺りは古い建物も多くアチコチ見て回ってました。
_S128095.jpg
 天気が良いのは良いのだけど、すごく暑かったな(^-^;
_S158098.jpg
 夏休みまっさかりでしたが、観光客それ程いなかったような?
門司港エリアが結構広いから分散していただけなのかも。。
_S178100.jpg
 近代的に整備された街並みに、ところどころ古い建物が残されているって感じ?
個人的には生活感のある、古い街並みが好きなのだけれども。。
_S248107.jpg
時間がそれ程はなかったのでホント、見て回ったって程度でした。
博物館や美術館とかも行ってみたかったな。
_S298112.jpg

_S378120.jpg
門司名物の「焼きカレー」
どんな物かな?と思ってましたがとても美味しかった。
入ったお店「LeCafe」も味があって素敵でしたよ。
ナポリタンも美味しそうだったなぁ・・・
今度門司港に行ったらぜひ
食べてみたいです(^-^)
 
posted by ケンイチロウ at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017天壱轟作戦

2017年09月17日

長州砲

 せっかく九州に来たというのに
関門トンネルで本州山口まで来てしまいました(^-^;

 トンネルは徒歩だと無料です。自転車や原チャリなら
エンジンを止めて押せば通る事ができます。(20えん)
_S608061.jpg
 でも遅い時間は通れないので注意してくださいね。

 黒船を睨む長州砲ですが、門司の人達は嫌だろうなぁ
_S658066.jpg
 


posted by ケンイチロウ at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017天壱轟作戦

めかり☆神社

 関門橋(関門トンネル)の九州側にある神社。
_S818082.jpg
関門橋のすぐ真下、海峡に面してて鳥居が海に面しています。
_S828083.jpg
 神社ってその土地柄や地域色
歴史や伝説、謂れがあってとても好きです。

カニも元気です!
_S038086.jpg
 
posted by ケンイチロウ at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017天壱轟作戦

門司の艦むす

 門司港レトロを徘徊している最中に見つけた
艦むすっぽい娘さんのポスター (^-^;
_S278110.jpg
 ふね検って・・・
艦むす検定とかなら、受けてみたいかも (*‘ω‘ *)
 
posted by ケンイチロウ at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017天壱轟作戦

じ〜もくん

 門司のゆるキャラ「じ〜もくん」
可愛い、のかなぁ・・・?!
_S478130.jpg
油断すると関門海峡に引きずり込まれそうな(^-^;
posted by ケンイチロウ at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017天壱轟作戦

2017年09月16日

潮風号

 門司港駅から関門海峡や関門トンネルのある
めかり公園までは、歩けないでもない距離なのですが
トロッコ列車が走っていたので面白そうなので乗ってみました。

 _S118094.jpg

海沿いや観光名所
関門橋のナイスビュースポットも通るのでなかなか良いです。
トンネルを通る時には客車の天井が?!_S498050.jpg

開放感があってとても気持ち良かったです(^-^)_S418042.jpg

乗り降り自由の一日乗車券がお得で良いですよ〜


posted by ケンイチロウ at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017天壱轟作戦

関門海峡

 8月16日(水)は
夜7時のフェリー出航まで門司の観光していました。
 バイクだとかえって不便かと思い
新門司のホテルにバイクを置いて電車で門司港駅まで移動しました。

 歴史ある門司港駅、ホームや駅舎もなかなか風格があり良かったです。
_S338034.jpg

_S368037.jpg
 駅で働く方達も、観光サービスの一環なのかな?
ずいぶん古い時代の作業着や制服を着て仕事されていていました。

_S378038.jpg
 九州鉄路の起点なのですね。

 駅舎は残念ながら改修工事中で見られませんでしたが
またぜひ訪れてみたいと思います。 

posted by ケンイチロウ at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017天壱轟作戦

もじポートホテル

 九州で泊まった門司駅近くのホテル「もじポート」
宿泊客は隣のスーパー銭湯も無料で利用できるのでとてもオトク☆
 わたしの泊まったシングルルームには浴室はありませんでしたが
共用のシャワールームもあったし、泊まってて困る事はないのかな?
_S258026.jpg
 海側の眺めの良い部屋はツインや和室などの大きな部屋で
シングルは山側になるようです。山側もなかなかいい感じデス。
170816-061010.jpg
 早朝は山に低く雲が立ち込めていましたがすぐに良いお天気になりました。
雲に隠れてますがわりと高い山が目の前に広がってました。
_S268027.jpg
 簡易ですがシャワー室もありますのでスーパー銭湯がやってない時でも安心です。
コインランドリーもありました。
 各階のエレベーターホールには
氷も出る冷水器が備えてあってとても嬉しかったです。

 _S178017.jpg
 朝食付きでしたので美味しい朝ごはんを食べる事ができました。
レストランからは関門海峡を望むベストビューが楽しめます。
 ディナーのバイキング料理付きの宿泊プランもあるようなので
今度九州に行った時にはぜひまた泊まって見たいホテルですね(^-^)_S198019.jpg


posted by ケンイチロウ at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017天壱轟作戦

2017年09月10日

門司の夜

 日程一日前倒しで九州に入り
軍艦防波堤まで見学出来たのは良いのですが
この日の夜どうするかは行き当たりばったりでした(*'▽')

 軍艦防波堤の辺りにテントを張って
キャンプでもするかな、とも考えたのですが・・・
 釣りしてる人も居るにはいますが
夜になったらものすごく怖そうな場所だしなぁ。。

 次の日乗る予定のフェリーターミナルで
一晩あかせないものかと思って行ってみると
軍艦防波堤に負けないくらい閑散とした所で
ターミナルビルも船が出ると閉めちゃうみたいで真っ暗やみ((+_+))
 北海道の苫小牧港は遅い時間に入港するフェリーもあるので
24時間出入り出来るので、朝まで仮眠とかも出来るのだけど・・・

 公園とかでテントは張らないまでもベンチで夜明かしするか
ネットカフェとかに行くか、あるいは困った時の道の駅?とか
アレコレ考えていたのですが。初めて来た所で不案内なのもあり
日が沈む頃にはかなり焦ったりしてました。

 途中「門司駅」の辺りでスーパー銭湯があったのを思い出し
そこで風呂入って朝まで過ごそうかと思って引き返すと残念ながら夜1時までの営業だとか。
 24時間営業じゃないんだと思案していると
隣に宿泊できる施設があると言われ行ってみると
今夜宿泊できるそうでギリギリセーフで泊まるトコ確保できました(^-^)

 一時はどこかの公園で夜明かしか、とも覚悟しましたが
お風呂入って、フカフカのベットで寝られる幸せをかみしめながら
門司の夜は更けていきました。。
_S987099.jpg
門司の駅前辺りはかなり近代的に整備された市街地で
とても野宿するような場所ではなかったデス(-_-;)

_S977098.jpg
海沿いに続く公園がありました。
さいあく、ここのベンチで夜明かしか〜とか考えたのですが。
_S098009.jpg
すぐ近くに「MOJIPORT」という宿泊施設と「楽の湯」というスーパー銭湯があり
幸いにもホテルに泊まる事ができました。

_S068006.jpg
フカフカのベットでゆっくり寝られるなんて幸せ〜
前の晩は・・・豪雨の中テントだったからなぁ・・・

 MOJIPORTは
東京〜新門司フェリーのあるフェリー港から10Kmくらいかな?
バイキングレストランもあったりするしお土産物も売ってるし
ホテルは快適でとても好感がもてました。
次回九州に来た際にはまた泊まって見たいものです。
 
posted by ケンイチロウ at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017天壱轟作戦

2017年09月09日

ぐんかん ぼうはてい

 もともと九州へは帰りのフェリーに乗る為
はるばるやって来たのですが
こうして九州の地にやって来たからには
見ておかねばならない場所があります。

 それがこの「軍艦防波堤」

 旧日本海軍の駆逐艦を防波堤にしたというこの場所。
話には聞いておりましたが、こうして訪れる事が出来るとは・・・

 かって日本を守り戦った船が
防波堤と姿を変えながらもこうして今でも
静かにこの地を守っているかと思うと感慨深いです。

 
 今では姿が判るのは「柳」だけです。
「冬月」「涼月」はすでに埋め立てられ
防波堤の役目は終え静かにこの地に眠っています。
_S877088.jpg
 ちょうどこの辺りに冬月と涼月がいるのでしょうか。
 冬月、涼月は戦艦大和と共にあの作戦で戦い
傷つきながらも生還した駆逐艦たちなのです。_S887089.jpg

柳は今でも艦体が確認できます。_S847085.jpg
コンクリートで固められていますが、船体の輪郭や隔壁など
船の大きさを実感する事も出来ます。

 




posted by ケンイチロウ at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017天壱轟作戦

2017年09月07日

ぴ〜す☆ごはん

 陸奥記念館のある周防大島で一泊したあと
フェリー港のある九州は門司まで、海沿いの道を選んで走っていったのですが
途中お昼過ぎ道の駅があったので、休憩がてらお昼具ご飯を食べていきました。

 ソレーネ周南という、結構大きな道の駅。
案の定レストランは大盛況でけっこう待つ感じ。。
 それではという事で、お土産物コーナーなどをウロついていると
お弁当やお惣菜もあったのでそこでご飯になりそうなものを買って食べました。

 ピースご飯にスペアリブ!
ご飯は160円にスペアリブはこんなに入ってナンと500円?!
おなかいっぱい、なんとも幸せな気分でした(^-^)

 グリンピースが入ってるから
ピースご飯なのかと思ってましたが平和とかけているみたいですね。
_S517052.jpg
 お肉は燻製にしてあるのかな?
ちょっとベーコンっぽい今まで味わった事のない美味しさでした。


 山口県や、ここ周南市にはまたいつかゆっくり来てみたいと思います。

posted by ケンイチロウ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017天壱轟作戦

2017年09月05日

大島大橋

 結局、キャンプの夜はほとんど雨降り。

 夜が明けてもシトシト雨が降っていて
キャンプを撤収するのもままならず。。

 8時頃になってようやく雨が上がったので
テントなど片づけ始めました。

 10時過ぎにキャンプ場を後にして走り始めましたが
お天気はあまり良くなく、霧雨も降り出したので
結局レインコート着込んで走ってました。
_S477048.jpg
 これが島内から見た大島大橋。
晴れていればきっと絶景だったろうな・・・_S447045.jpg
バイクは専用の駐車場があるのですが
荷物の積み下ろしの時は、キャンプサイト横に置いておけます。
VTRの雄姿。この後荷物どっさり積み増した・・・(;´д`)
posted by ケンイチロウ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017天壱轟作戦

キャンプ生活

 キャンプはそれなりに好きです。。
荷物が多くなるので、最近はご無沙汰でしたが
久しぶりに「野営」してみました。。

 今回テントと寝袋を新調してみました。
最近のキャンプ用具はコンパクトで凄いなぁ・・・というのが感想。
今までの1/3くらいの大きさになりました。

 テントは夏向きのインナーがアミで
フライシート兼外装のテント本体もペラペラのシートだったので
雨が降ったらひとたまりもないだろうな、と思っていたのですが・・・

 夜更けから物凄い豪雨に見舞われ・・・
滝のような土砂降りの雨でしたが
雨漏りもせずちゃんと耐えてくれました。。

 さすが、最近のテントは凄いな・・・。。

 _S277028.jpg
見た目ホント ぺらいテントですがちゃんと豪雨にも耐えてくれました。
組み立ても数分で終わる簡便さですが
インナー上部は、通気性を良くする為にメッシュ素材でできているので
雨中での設営は困難だと思います。フライシート春までに中に雨が入るかも。。
底面部はガッチリ防水シートになっていて、立ち上がりも十分にあるので下からの水漏れも万全。

 でも、雨の中のキャンプは勘弁。。

 7時くらいだともうすっかり辺りは暗かったです。
せっかくなのでちゃんぽん作って食べました。生協で買った総菜も美味しかった。
_S337034.jpg

 8時位から雨が降ったりやんだりでした。
真夜中にあり得ないくらいの豪雨に襲われて・・・ぜんぜん寝られなかった。

 そういえば、キャンプ場前の海はフェリーや渡船の航路らしいです。
すぐ近くに小さな町も見えるのですが、そこにフェリーの港があります。

 携帯もネットに繋がらなくする事がないので
テントからまっくらな海を眺めていたのですが
真夜中でも渡船行き来しているんですね。
_S357036.jpg
 周防大島周辺には大小の島が点在していて
人も住んでるのですが、夜中でも船が行き来しているとは驚きです。
漁とかの関係なんだろうか?
posted by ケンイチロウ at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017天壱轟作戦

生活☆センター

 農協の隣にある生協のお店。郷愁をさそう店構えデス。
_S197020.jpg
 コンビニではなく、むかしのスーパーって感じ。
日用雑貨品から生鮮食料品、野菜など品ぞろえはありませんが
何でもそろってる感じです。
 
 せっかくコンロや鍋持って来ていたので
ラーメンでも作ろうかと。。

 むつキャンプ場で本格的にキャンプするなら
ここで何でも揃いそうですね。
 
posted by ケンイチロウ at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017天壱轟作戦

遊湯☆ランド

 キャンプ場から15Kmくらいの所にある温泉施設です。
道の駅に行くちょい手前で左折して、島の反対側にある海水浴場にあります。
_S187019.jpg
 それほど大きくはないけど
休憩所やご飯処(四時で終わりデス)もあって
お風呂はけっこう広かったです。露天風呂もありましたよ!

 お湯は天然温泉のようで地下深くからくみ上げてるらしいです。
ちょっとぬるめでしたが、日焼けした海水浴の人には良いかもですね(^-^)

 キャンプ場は、シャワーはあるんですが
せっかく近くにこんな良い温泉があるのですから、入らない手はありません。

 キャンプ場でテントの設営をして
陸奥記念館、なぎさ水族館などを見学した後
遅いお昼ごはんがてら道の駅に出て帰りに入って帰りました。

良いお湯でした〜 (*'▽')
posted by ケンイチロウ at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017天壱轟作戦

なぎさ水族館

 周防大島でキャンプした陸奥キャンプ場と
陸奥記念館とおなじ敷地にある小さな水族館、それがなぎさ水族館です。
_S456047.jpg
 小さくて派手さはないですが
瀬戸内海のお魚やサンゴ、くらげがたくさんいます。
飾らないアットホームでのんびりした雰囲気がとても良いです。

 くらげけっこういました。癒されます。
_S306031.jpg
_S296030.jpg
 水槽のおさかなとかの説明や飼育員さんのコメントが楽しいです。
けっこう楽しめましたよ。
_S366037.jpg

陸奥記念館とキャンプ場、さぎさ水族館がなぎさパークっていう公園なんですね。
小さいですが海水浴場もありました。釣りもできるそうですよ。



 
posted by ケンイチロウ at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017天壱轟作戦