2014年05月10日

チクチクします

剣の大型シリコン型の補強用に手に入れた
FRPのセット。
主剤と硬化剤にグラスウール。
140509-162437.jpg
その辺のホームセンターで買うと
結構しちゃうんですが
アマゾンでかなり安く手に入りました。
送料入れても半額以下?

発送センター在庫品じゃないので
さすがに翌日届くって程
レスポンスは良くありませんが
安さにはかえられません(笑)

実はFRPって初めて使うので
いろいろ実験しながら恐々つかいましたよ。
140510-122919.jpg
主剤重量の1%硬化剤を入れるんだ〜・・・とか
硬化まで結構時間かかったりとか。。
後は・・・臭いがものすごい感じです!

補強の為にFRPに敷き込む(?)グラスウールも
ガラス繊維の細い針みたいのが散らばってチクチクします〜
でもコレ入れないと補強にならないしなぁ・・・
140510-123832.jpg
なまじ安かっただけに、送料が気になりました。

はじめて使う材料だけに結構恐々です。。
こんな風にちゃんと固まるか実験したりして(汗)
140509-162452.jpg
ちゃんと固化しました!
140510-122118.jpg


posted by ケンイチロウ at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 造型(コスプレ小道具)

2014年05月07日

硬化不良

造型をやっていて
一番恐ろしいのが硬化不良。

シリコン、キャストなど
混合量のミスや
硬化剤の添加量不足などでも起こりますし
まぜ合わせが不十分でも起こります。

今まで何回となくしくじってますので
その辺はかなり慎重に作業しているのですが・・・

またやってしまったッ!!

頼まれものの眼鏡の複製を
シリコンでしたところ固まらないッ!!
正確には表面は硬化しているのですが
中身がブニャブニャで硬化不良を起こしている?

同時に型取りした
他のパーツはちゃんと型が出来ているのに
なぜか眼鏡のパーツだけが硬化不良を起こしていました・・・

同じシリコンから4個の型に流し込んで
なぜか一個だけ固まらないミステリー(汗)

・・・というか
シリコンの硬化不良を起こした事のある人なら判ると思いますが
後始末が筆舌に尽くしがたい地獄なのですよ(泣)

原型をサルベージするだけでも数時間がかり。
とにかく固まらないシリコンの厄介さは最悪。

原型の眼鏡を救い出して・・・
土台の粘土と型枠のブロックは・・・廃棄しかないな。
大事に使えば両方とも何回も使い回しが出来るのに(泣)

立ち直るのにしばらくかかりそう・・・


140507-134454.jpg
表面は固まっている(膜が出来ている)けど中身はブニャブニャ・・・
押したらシリコンが「にゅるっ」と出て来ました(泣)
このまま廃棄するしかありません。。
posted by ケンイチロウ at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 造型(コスプレ小道具)

2014年05月02日

抜けてます・・・

物は試しというコトで
シリコンの気泡を抜いて見たッ!!

シリコンはもともと気泡が多少入ってても
硬化まで時間がかかり気泡も抜けやすいので
あまり真空脱泡器にかける必要もないと思いますが
ガレージキットなどで複雑な原型の型を取る際
細部に気泡を巻き込み空気溜りが出来るのを防止するには良いかも。。

シリコンの缶をあけた状態でそのまま脱泡器にかけると
ほとんど気泡は出ませんでしたが(空気が入っていない)
硬化剤を入れ攪拌した後に脱泡器にかけると
画像の様にゴボゴボ泡が出てきました!!
140502-183642.jpg

硬化まで時間のかかるシリコンだから良いけど
数分で硬化するキャストは無理だよなぁ・・・
しかし攪拌する時に空気を大量に巻き込むんだねぇ。
posted by ケンイチロウ at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 造型(コスプレ小道具)

真空脱泡装置製作記

ホーロー製の漬物容器に塩ビ板の蓋をつけ減圧開始。
しかし容器と蓋の間に相当隙間があるようで
なかなか空気が抜けてくれません・・・

蓋の付けてあるゴムパッキンを強化し
ホーロー容器の口部分に厳重なシールを施し
なんとか減圧成功〜
やっと光明が見えてきた思いです。。

しかしこのヒトいったい何がやりたいのか?!と
いぶかしむ人々も多いと思います(笑)

頼まれ物のコスプレ小道具で
クリアの造形物を作る事になったのですが
クリアキャストって実際使ってみると
仕上がりに気泡が多く残りずっと不満だったんですよね。。

キャストの混合液には微量の空気や水分が溶け込んでいるそうで
それが硬化時の発熱などで気泡の原因になるそうです。

ならば、その気泡や水分を取ってしまえば
より透明なキャストが出来るのでは?!と思い立ち
作り始めたのがそもそもの発端でした。

A液、B液の混合時、型に流し込む時にも
少なくない量の気泡は入りこむので
注型後、硬化するまでに減圧し
空気を抜ければ一番いいのですが
小さなアクセサリー類ならともなく
今回製作する事になったクリア素材の
全長1mを超えるような「剣」ではかなり困難?!

それではと、クリアキャストの混合前に
空気を抜いてみては?!とチャレンジしてみた次第なのです。。

まぁ、どの程度の成果があるのかも含めての
実験なんですけどね(汗)

さて、とりあえず減圧タンクは形になりましたので
いよいよ第二段階のキャストの空気抜きです!!
どうなることやら?!

140501-163142.jpg
☆追加で揃えた材料一式☆
ネットなどでは脱泡器の蓋は
極厚のアクリル板を使っている人が多かったですが
実験の結果、直径20cm程度の開口と
お手軽系真空ポンプの真空度では
10ミリ程度の厚さで大丈夫でした。
それもアクリル板より安価な「塩ビ板」の安価な5mm板の二枚重ね(笑)
接着剤込みでも通販で10ミリのアクリル板買うより安かったです。
(送料があるので)
5mmのアクリル板、塩ビ板は大きなホームセンターで売ってるのですが
さすがにそれ以上の厚さの物は通販でしか手に入らないようでした。

140501-163552.jpg
5ミリの透明塩ビ板を二枚重ね、接着剤で張り合わせます。
接着剤は専用の物で接着しても透明度は保たれます。
(中が見えないと絶対怖いので蓋は透明をお勧めします←力説)

丸い穴の開いた黒いのは1ミリのゴムシート。
塩ビ板に張ってパッキンにしましたが接着剤のせいでデコボコに・・・
このデコボコが空気漏れの原因かな?と。。
何かもっと良いパッキンや張り合わせ方法はないかなぁ・・・



140501-163640.jpg
塩ビ板用接着剤。。
ホームセンターなどのアクリル板、塩ビ板コーナーに置いてあります。
さらさらの液体状の接着剤で、張り合わせる材料の「隙間」に
流し込むような感じで使います。ほとんど透明ですので
張り合わせても真空槽の中身はちゃんと確認できます。。


140502-114458.jpg
蓋の塩ビ板に真空計の取り回し金具を付ける穴を開けます。
ねじ込み式の金具を付けるので、まず金具より小さな穴をあけ
円錐状の砥石で少しずつ穴径を広げ
塩ビ板が熱で柔らかい内に
ムリヤリ金具をねじ込んでネジ穴を作ります。
けっこうちゃんとねじ山が切れます!

まだ実験のウチですが・・・
苦難の末、減圧成功!!
この程度の大きさの容器ですが
数十秒でポンプの能力データーの限界
-750mmHgの減圧に成功しました。。
140502-160358.jpg
がッ!!その直後真空ポンプの電源OFFと
切り替えバルブを閉めるタイミングを誤り
真空ポンプ内のオイルが逆流し噴出す羽目に・・・

な〜るほど・・・そういうモノなのか(笑)

タンクの減圧中(真空ポンプ起動中)に
切り替えバルブを閉め、その後にポンプの電源を切らないと
真空容器内の負圧に引かれ
ポンプ内のオイルが出てくるらしい。。


さらに追い討ちをかけるように
容器側のゴムパッキンが負圧に負けて破断!!
一気に空気が抜けてしまいました〜

まだまだ改良が必要だなぁ・・・
トホホ。。



posted by ケンイチロウ at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 造型(コスプレ小道具)

2014年05月01日

爆縮ッ!!

なかなか真空槽の圧力が下がらないようで・・・

やはり真空槽とフタの気密が悪いみたいで
シールを変えたりゴムパッキンを改良してみたり。。

シール材を探そうとホームセンターを物色していると
実験に丁度いい感じの大きさのスチール缶を発見。
ペンキ塗りの塗料入れに使う缶なんですが
気密も取れてそうだし、そこそこ丈夫そうなのでお買い上げ〜

さっそく家に帰り実験開始!!
ペンキ缶にフィットする塩ビのフタを作り
ゴムのシールを貼り付け、真空計を取り付けいざ実験開始ッ!!

蓋を軽く押し当てると
急激に減圧が始まり、真空計のマイナス一杯までメーターが振り切れたッ!!
うまくいったかな?!
蓋が凹んでミシミシいやな音を立ててますが
塩ビ版3mmでもナントか持ちこたえてる。
実験成功!!と思ったその瞬間
「バン!!」と鈍い音がして缶が爆縮(笑)

あ〜
やっぱりダメだったのね・・・


ここまで見事に凹むとは思いませんでしたが
とりあえず実験は成功・・・
直径12cmの開口で3mmの塩ビ板はナントか持ちこたえましたが
缶が凹まなかったら蓋が割れてた可能性も・・・

98円のペンキ缶大破・・・
140501-075726.jpg
容量2L程度の缶だと5秒程で爆縮に至ったので
真空ポンプの性能はなかなかの物?!
配管やシールも問題なしだし
あとは容器と蓋のシールが問題です。。

posted by ケンイチロウ at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 造型(コスプレ小道具)

2014年04月30日

真空脱泡装置製作記・・・

真空容器(漬物容器)が手に入ったので
さっそく蓋の加工や機器類の接続に着手しました。

真空容器の蓋は塩化ビニール製の透明な板。
板に穴を開け、空気が漏れないようにシールしながら
真空度を計るメーターを取り付けました。
メーターにはホースの取り付け金具も付いているので
ホースを取り回し真空ポンプに接続し
蓋と容器の間にはゴム板を挟んで空気が漏れないようにしたのですが・・・

試運転してみたところ
ぜんぜん真空計の針が振れもしません・・・
どっかから空気が漏れてるんだろうなぁ。
もう一度各部の取り付けをチェックしたものの
ほとんど変わりません。。

おそらく容器と蓋の密着が上手く言ってないんだろうなぁ。。

試しにホーロー製のマグカップで
小さな真空槽モデルを作って試してみたら簡単に
真空ポンプ性能いっぱいまでの真空度に達しました(汗)

やはり蓋と容器のシールの問題・・・
どうやったら完璧にシールできるんだろう?!


140430-132434.jpg
真空槽(漬物容器)とゴムシート、塩ビ板。
実際コレで上手くいくとは思っていませんでしたが、案の定(笑)

小さなマグカップではちゃんと蓋の役目は果たして
ちゃんと圧力が下がりましたが
大きな容器だと減圧で蓋が割れないかも確かめなきゃなのですよ。
ネットなどで調べた真空脱泡装置の売り物や作った人の記事をみると
30mmとかのアクリル板使ってるんですよね・・・
個人的には、そこまで厚くしなくてもいいだろ〜?!みたいな。
塩ビ板使ったのは、アクリル板より安かったので(汗)

140430-143328.jpg
こんな風に見てくれだけはちゃんとしています。
ちなみに真空ポンプ、ものすごい音がする上に
何故かオイルが煙のように噴出してすごい事になってます。
故障かッ?!と思ったら真空ポンプってそういう物らしい・・・

140430-184945.jpg
マグカップ程度の大きさの真空槽だと
一瞬で最低圧まで減圧できました。
と言う事は、真空ポンプ→ホース→真空ゲージまでは
ちゃんと減圧できるようです。
やっぱり蓋と容器のシールが問題のようで・・・


posted by ケンイチロウ at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 造型(コスプレ小道具)

琺瑯

真空脱泡器の真空槽に使おうと
ホーロー製の容器を手に入れました!

アルミやステンレスの鍋よりか
安かったし、ガラスでコーティングされてるので
シリコンやキャストの汚染にも強そう?!

小ぶりですが1Kgのシリコンや
キャストの缶が入るくらいの大きさです。

用途としては混合する前の
キャスト、シリコン中の空気を
少しでも抜ければと思っているのですが・・・

そもそも手持ちの真空ポンプや取り回しの機器類などで
空気が抜けるのか?!の実験段階ですからね・・・先は長い(泣)

140430-103232.jpg
ホーロー製の漬物容器だそうで。
落転で思いの外安く手に入れられました、が
お金振り込んでから届くのに一週間くらいかかった・・・
posted by ケンイチロウ at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 造型(コスプレ小道具)

2014年04月26日

特殊シリコン型

剣のシリコン型枠できました。。

全長1mを超える大きな型なので
底板と側面は3mmのMDF合板
剣はウレタンフォームで固定しています。

剣と土台のウレタンフォームの隙間は
粘土で埋めて固定。

ウレタンフォームと型枠との隙間は
固定を兼ねてホットボンドで埋めていきました。

隙間とか入念に点検しないと
いざシリコン流し込むと漏れてくるんですよね〜

型枠全体の強度を上げる為に
上側にも補強のMDF合板を渡します。。

普通にシリコンを流し込むだけなら
ここまで強固には作らなくてもいいと思いますが
今回はシリコンを節約する為に
ちょっと変わった作り方をします。

剣全体を薄くシリコンで覆って
その上に補強用にFRPをコーティングする方法。。
机上の計画なので成功するかは未知数だし
おとなしくシリコンだけ流し込んだ方が
費用的には安上がりなような気もしますが(笑)

その辺はまた後日...


というか、シリコンの気泡を抜きたいので
真空脱泡器の開発待ちとのハナシもありますが(汗)


140426-030900.jpg
これが特殊シリコン型
耐FRP仕様です。
シリコン型が出来たままの状態で
FRPコーティングされた強固な固定枠が出来るので
剣にキャストを流し込む時立てるのですが
曲がったりする歪んだりするリスクが低減されるかも?!と。

今回シリコン型を小さく作ったのには訳がありまして
真空脱泡装置がうまく開発できたら
剣の型全体を入れられるような
真空槽を作ろうかと計画しているのですが...
そんなデカイ真空槽は現実的に不可能だとも思うし...

ちなみに前回の製作時は歪み防止の為
シリコン型を厚く大きく作り
キャスト流し込み時は型の両面を
1cmの合板で挟み込んで固定しました。


posted by ケンイチロウ at 04:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 造型(コスプレ小道具)

ほいく粘土

シリコン型を作る際
原型を埋めるのによく使うのがこの「ほいく粘土」
140425-194000.jpg
百均にあるような油粘土にくらべると
とても柔らかくさらっとした感じで
あまりあぶらあぶらしていないので
とても使いやすいのです!!
きらめき製作所ご用達の一品☆

140425-193613.jpg
剣のスタイロフォーム埋め型
これを土台に、剣を埋め込んで型の土台を作ります。
スタイロフォームは表面に微細な凸凹があるので
アクリルの水性塗料を塗ってコーティングし
シリコンの型離れを良くしています。

140425-210536.jpg
剣の周囲に粘土を詰めて固定と隙間を埋めていきます。
型の輪郭部には突起を付けて
樹脂を流し込んだ際の「漏れ」を少しでも防止します。

140425-210553.jpg
普通はこんな風に原型を粘土に埋めて
ブロックで壁を作ってシリコンを流し込みます。

ほいく粘土、足りなくなると嫌なので
2個購入しましたが
1/2個くらいで十分足りました。
でもこれ、剣を全部粘土に埋没させると
とても2個じゃたりませんッ!!

g
posted by ケンイチロウ at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 造型(コスプレ小道具)

2014年04月24日

シリコン

 剣の型を取るのにシリコンを購入。。
とりあえず6缶手に入れました。

 型取り用のシリコン。
流通は1Kg缶が基本なのかな?
お徳用の一斗缶(18L缶)なんてのも
ありそうな気もしますが
ガソリンみたいに何リットル買っても
単価は一緒、じゃ話にもなりませんが・・・

 型が大きいのでこれでも全然足りなさそうですが
(たぶん半身分)とりあえず今月はこれで誤魔化そう(汗)
140423-185703.jpg
 宅急便で届いた細長くてデカくて重い箱。
シリコンの製造工場が出荷に使ってる箱?
10個入るみたいで、残りのスペースに一緒に購入した
粘土や計量カップが入ってました。

 
posted by ケンイチロウ at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 造型(コスプレ小道具)

2014年04月23日

規格が違います!

先日アマゾンで安く手に入れた
真空計と接続バルブのセット。

カーエアコンの冷媒充填に使う汎用品で
海外の品物なのでかなり安く手に入りました。

真空ポンプもカーエアコン用なので
接続も問題なく出来て
今度は真空槽に繋ぐ取り付け金具を手に入れようと
ホームセンターに出向いたのですが
ネジや接続カプラの規格が
一般の工業品の汎用サイズとは違うようで
微妙に繋がらない・・・


同じ規格かと思っていたのですが
とぼとぼウチに帰ってネットで調べてみると
どうも車のエアコン配管の規格と
一般のエアコン、圧搾空気用の規格とは違うらしい。

違う規格のネジやカプラを繋ぐアダプターも
ネットでしばらく探しましたがなかったです。。

エアツール用の配管材料や接続金具は
ホームセンターでよく見ていたので
簡単に手に入るし繋がるだろうと思ってましたが
意外なところでつまずいた・・・

いや、まだ乗り越えなくてはならないハードルは
いろいろあるんですが
まずはコレをクリアしないと次に進めないッ!!

140422-235148.jpg
真空計と切り替えバルブ、ホース、カプラなど。
ねじ込みのネジ規格やカプラすら合わなかった。
パッと見同じ形状、大きさなんだけどなぁ・・・
微妙にサイズが違う。。
posted by ケンイチロウ at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 造型(コスプレ小道具)

改良型

水晶の剣のシリコン型作りに着手しました。

前回(5年位前?)製作時は
なにぶん大型シリコン型を初めて作ったので
いろいろ問題点や失敗もありましたっけ・・・

今回はそれを踏まえての改良バージョン。
改悪にならなければいいのですが(汗)

シリコンで剣の半身型を取るので
剣を半分「埋めて」あげなくてはいけません。

前回は油粘土に埋め込んだのですが
それはそれは大量に粘土を消費したので
今回は新機軸、スタイロフォームを土台に掘り込みをして
そこに剣を半分埋め込む方法を取りました。

スタイロフォームが土台になるので型枠もカッチリ組めるし
ナイスな方法化と思うのですが・・・

・・・まだシリコン流してないので
どんな結果になるかは不明。

140421-075400.jpg
スタイロフォームに剣の形を写し取り
適当な寸法を取りながらシリコン型のサイズを決めていきます。
大型なので寸法を削りながら
シリコン量の削減に努めます。。

140421-084936.jpg
MDF合板で底板と型枠を作っていきます。
前回は厚手のダンボールで作ったので
シリコンを流し込んだらたわんでしまったので
今回は丈夫な材料で作りました。

140421-091815.jpg
剣の掘り込みは「アイロン」でスタイロを溶かしてみました。
最初は剣の形に切り抜こうと思ったのですが面倒だったので。
もっとも溶かす方が時間かかったかも(汗)

型枠完成。これに剣を入れ込んで
スタイロフォームと剣の隙間に
油粘土を充填すればシリコンが流し込めます。
140421-203745.jpg
でも、まだシリコンが届きません・・・

posted by ケンイチロウ at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 造型(コスプレ小道具)

2014年04月20日

シリコン型作りの友

GWも間近ですが
ここに来て「きらめき製作所」フル稼働中デス。

急ぎの依頼ではないのですが
コスプレ小道具数点同時で生産しています。

以前製作した「薔薇水晶」の透明の剣の再生産と
同じような透明小物数点です。

剣の方は原型は残してありましたが
シリコン型を破棄していたのでまたシリコン型を作っています。
今回は以前の失敗を踏まえての作り直しになりますが
以前はシリコンを大量に使用したので半分位で作れないかと画策中。



また前回は透明キャストの気泡に悩まされたので
真空脱泡装置を自作してクオリティを上げられないかと・・・。


140420-193004.jpg
剣のシリコン型取りの「ベース」になる
ウレタンフォームとMDF合板。
これでシリコンを流し込む「型枠」を作ります。
棒状の物は、三角形の木棒で枠の隅に補強で入れます。
出来上がったシリコン型の角も取れて一石二鳥。


140420-194812.jpg
シリコン型作りの友「ブロック」
小物の型はこれで「壁」を作ります。
型枠というか「壁」はキッチリ作らないと
後々いろいろ面倒な不具合の原因になります。


140420-193201.jpg
真空脱泡装置用に買い込んだパーツ類。
真空槽と真空ポンプを繋ぐホースや真空計類です。
高価そうに見えますが
エアコンの真空引き用道具セットなので結構安かったです。
後は真空槽と蓋代わりの分厚いアクリル板が必要ですが・・・
真空槽は先日手に入れたカレー用の寸胴を使おうかと(笑)

アクリル板、メチャ高いいんだよなぁ・・・
posted by ケンイチロウ at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 造型(コスプレ小道具)

2014年04月15日

ただ今作業中

造型部屋の部屋掃除もだいぶ片付いてきました。
荷物ぜんぶ整理して片付けたら
思いの外広い作業スペースが出来てびっくり!

造型専用の部屋があるのって良いなぁ〜と。
パテ盛ったり、塗料吹いたりして
ケミカル臭が充満しても退避して
他の部屋で寝たり絵を描いたりできる幸せ・・・

これで作業効率も大幅アップ!!とならない所が
ダメ人間の切ないところですが(笑)


140414-171128.jpg
天板がヤワくて捨てようと思っていたバーベキューテーブル。

140414-171158.jpg
天板強化すれば使える?と思い近所のホームセンターで
人造大理石の波材(390円)を購入。


140414-172128.jpg
ムリヤリ合体させて強靭な作業台に改造。



ここしばらくは磨き作業中心で作業しています。
ずいぶん前に製作したクリスタルの剣や小物の再研磨。
シリコンで型取りして透明の剣を再生産します。
使ってなかった太古の遺物ぶらうんかんTVを引っ張り出してきて
余ってた地デジのデッキつないで造型部屋でもTV見れるようになりました。
140415-193313.jpg
透明キャスト用に真空ポンプも買ったんですが
どうやってこんなデカイ剣の真空槽を作るか悩んでいましたが
先日NHKで特殊メイクの番組やってて
一瞬ですが真空脱泡装置を使う場面があって!!閃きました!!
簡易方法ですが型に流す前にキャストの脱泡すればいいんだ!!


posted by ケンイチロウ at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 造型(コスプレ小道具)

2014年03月17日

新兵器開発!!

造型野郎憧れのアイテム(?)

真空ポンプGet!!

なに?それ?!何に使うの?
と思う人も多いかと思いますが
用途としては空気を吸い出す特殊なポンプです。

エアコンなどを設置する際に
配管内の水分を吸いだす為に設置業者さんがよく使うのですが
工業の分野でもいろいろ使われているんですよ。

造型分野では
気泡が抜けとても綺麗に仕上がる上に
細かい部分までキャストが回るし
クリアキャストを使う場合
仕上がりが別次元の出来になるそうです。

そんな造型野郎憧れの秘密兵器なのですが・・・
個人が趣味で扱うにはいささかハードルも高いのですよ。
真空ポンプを手に入れること自体はほんの序盤って程度で
これから真空槽を作ったり配管したりと見上げるような高いハードルが(笑)

だいたい何よりも一番肝心なのが
原型作って、シリコン型も作らなきゃいけないですからね〜

GW位までに真空槽こしらえて、実験できればいいなぁ・・・

140317-154623.jpg
一見ものすごく怪しい・・・
爆弾みたい。
ポンプ自体扱いと言うかメンテも面倒らしくて
潤滑オイルとか頻繁に交換しなくてはいけないそうです。
えらい物Getしてしまった?!

posted by ケンイチロウ at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 造型(コスプレ小道具)

2014年02月02日

造形屋ご用達

宿舎でミューズちゃんのアレを
製作途中に無くなっちゃった
パテ「モリモリ」

さすがに無いと困るアイテムなのですが
買いに行くにも近くでどこに売ってるかもわからず
いつも通販でお世話になってる
「里美デザイン」さんで購入しました。

さすがに今日頼んで明日届くワケでもないですが
早ければ中一日くらいで届くかな?
買いに行く手間と車のガソリン代を考えれば
里美デザインさんで通販した方が遥かに便利かと。。

当面必要そうなアイテムをまとめて購入♪
モリモリ(パテ)
定番タミヤパテ
ホワイトサーフェイサー
塗料の薄め液
140202-181909.jpg
宅急便の送料は別にかかるんですが
近所のお店で買うよりぜんぜん安くて
モリモリ買っただけで送料分くらい出そうな感じです(笑)

posted by ケンイチロウ at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 造型(コスプレ小道具)

2014年01月28日

ミューズちゃんのアレ

ふたたび秘かに
宿舎でコスプレ小道具の密造中・・・

持ち込める道具や材料もかなり制限があるので
小物しか作れませんが、なんとかなるもんですね(笑)

ミューズちゃんの額につけるハートの飾りを
作ろうとベースをプラバンで切り出し
「モリモリ」を盛ったのですが・・・

途中でなくなった!!

買いに行くのも面倒だし
(と言うかこの辺で売ってるの?)
通販で買うことに。。トホホ。。。

140128-222930.jpg

部屋でモリモリを盛っていたら
ものすごいケミカル臭に流石にまいった(汗)
けっこう臭うんですよね、コレ。。
(写真の黄色い部分)

posted by ケンイチロウ at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 造型(コスプレ小道具)

2014年01月05日

クリア☆顔料

大晦日に東急ハンズで買ってきた
クリアキャスト用の着色剤。

クリアキャスト専用との事で
発色性は抜群だそうです。

ショーケースにあったクリアレッドで作った
ワイングラスの見本はホンと綺麗でしたけど
真空脱泡機を使ってるとの事で
手流しではちょっと無理だそうで...

それ以外はクリアキャストも着色剤も市販品だとか。

真空脱泡機かぁ...
基本的な構造や必要な基材は研究済みで
小さな物なら
作ろうと思えば作れる段階なのですが...

薔薇水晶の水晶剣の製作依頼を貰っているのですが
1m越えの大型アイテムが収まる
真空ケースなんて自作出来るのかッ?!

とりあえず小さなアクセサリレベルから
研究してみようかなぁ...


以前からクリアキャストを染色する為に
クリア塗料を使っていたのですが
やはり気泡が多くなるようなので
今回専用の着色剤を購入してみました。
140105-182736.jpg
見本だと、レッド着色剤単色で
ワインレッド調の深みある赤色で
ミューズちゃんのハートぴったりの
色だったのですが...
さすがに無理?! (^^;

posted by ケンイチロウ at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 造型(コスプレ小道具)

2013年12月03日

延長戦@きらめき製作所

とても仕上がりに不満でしたが
頼まれ物のコスプレ小道具
なんとか発送する事ができました。

以前作った小道具の再生産だったのですが
残念ながら完全な原型やシリコン型がもう手元になく
いつもお世話になっているコスプレイヤーのSさんに
昔作ったアイテムをお借りして
それを複製するという工程でした ^∀^

この場をお借りしてSさんに感謝感謝 (^_^)

シリコン型が綺麗に作れなかったり
気泡が殆ど入らないと言うデフコンという
クリアキャストを初めて使ったものの
思いの外使いにくく
急遽手に入れたクリアキャストか
古かったのか気泡入りまくりのハズレ品と
近年稀に見るトホホ続きで
出来上がったアイテムは見る影もないカンジ・・・


まぁ、最悪の中の最善という事で
今回は・・・これで許して(悲)


さて、一応必要な物は送ったのですが
製作途中で放棄していた
高級キャスト「デフコン」で作りかけだった
髪飾りがやっと固くなって来ました(笑)

固まり始めるのが12時間くらいで
型から取り出せるのは一日以上かかるかも・・・

シリコン型の精度が悪いのと
原型の表面処理が甘かったせいで
お世辞にもいい出来とは言えませんが
確かに気泡が殆ど入ってないし
透明感は抜群ですね。
硬化時間が長すぎってのはありますが
これはコレで使えるかも。
ただシリコン型に流し込む際の粘度が
思いの外低いので
あまり細かい物の複製には向かないですね。

131203-131015.jpg
ふたたび宿舎に造形用具を持ち込んで
延長戦開始ッ!!
前回はいろいろ持ち込んだものの殆ど使わなかったので
今回はコンパクトにまとめました(笑)

131203-130743.jpg
デフコンで複製したアイテム
気泡は確かに殆ど入ってないです。
原型の精度がよければ
ガラスみたいな透明度も期待できそうです。


posted by ケンイチロウ at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 造型(コスプレ小道具)

2013年11月30日

闘う☆きらめき製作所

本格的にマイッタ (>_<)
シリコン型に高級キャスト(笑)を注入後
6時間あまり経ちますが
一向に固まる気配なし (^^ゞ

本当に12時間経たないと固まらないの?!

一発目はキャストが型の細部に回らなかったりで
上手く行かないのでシリコン型を修正して
二発目からが本番なのですが...
そんなに時間ないよ (^^ゞ

そんなワケで作戦変更!!

急遽近くにある造型ショップに
クリアキャストを買いに行くッ!!

ウチの近くにはありがたいコトに
タムタムとイエローサブマリンという
ホビーショップがありまして
少しですが造型用の物も置いてあるのですよ。

今回必要なのはクリアキャスト。
普通のアイボリーやホワイトの
キャストならあると思うんだけどねぇ。
クリアーは需要なさそうだからどうだろう?!
と不安タラタラで出かけて見ましたが...

一軒目、タムタムはあえなく玉砕...
さて、ダメもとで二軒目イエローサブマリン行った所
ありましたありました
クリアキャストが置いてありましたヨ♪

小躍りして帰ってきましたが...
そういえば
高級キャストが固まらないと
何も出来ないじゃないかッ(笑)


ウレタン技研の透明キャスト。
ウチでよく使うのはまさにコレです。
やはり使い慣れた材料は安心ですね。
131130-203032.jpg
リアル店舗万歳ッ!!

posted by ケンイチロウ at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 造型(コスプレ小道具)