2008年11月15日

鎌の柄

塩ビの水道管を加工してこんなカンジ。。

鎌を取り付ける為の先端加工と
繋ぐ為の継ぎ手をつけたあと色塗り。。

コスプレ小道具を作る時の色塗りなのですが
小さいものならともかく
大きなアイテムを塗るのでは
模型用の塗料では量が少なく値段も高いので
ホームセンターなどで売ってる
「ペンキ」的なモノをよく使います(汗)
今回は水性エナメル塗料
塗るとこんなカンジ。。

まぁこんなもんかな?!

DSCF3730.JPG

DSCF3733.JPG
posted by ケンイチロウ at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 造型(コスプレ小道具)

2008年11月14日

鎌製作ちゅう〜

 今日は鎌の持つところ(柄?)を作ってみたりしました。。

 柄の材料は水道管などに使うポリ塩化ビニールの管。
色々な太さや長さが揃って、お安いので使いやすい素材です☆

 鎌の柄の長さは1.5mくらいなのですが
さすがにそんなに長いのはないし、持ち運びに便利なように
分割できるようにと考えたのですが
そうなるとど〜してもどこかで継がなくてはいけない...
どうやったらうまく繋がるかなぁ、と考えた末
木の棒を仕込んで繋げることにしました。

 鎌の刃も別パーツなのでこちらも接合部分に一工夫。。
刃の付いている部分は柄より一回り太いパイプを使い
差し込むように嵌めることにしました。
 もっとも太さが結構違うので、差し込んだだけでは
スカスカですからちょうどいい太さになるように
柄の方に細工をしてジャストフィットするようにしました。
DSCF3723.jpg
塩ビのパイプ。DIYショップなどで一本数百円で売ってます。

DSCF3728.jpg
パイプを繋ぐ継ぎ手。
ピタッとジャストフィットするような太さの棒があれば
苦労はしないのですが、なかなかそんな都合の良い物はなく
一回り細い木の棒に竹ひごをはめ込んで丁度良い太さに調整。

DSCF3729.jpg

刃を取り付ける部分の細工。
こちらは塩ビのパイプを太くするので
プラスチックの棒を貼り付けました。
posted by ケンイチロウ at 02:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 造型(コスプレ小道具)

2008年11月10日

小野塚小町の大鎌

 夏以来サボリ気味だったコスプレ小道具製作 (^^ゞ
 
 年の瀬もやや押し詰まってきた今日この頃
小野塚小町のコスプレで使う
大きな鎌を作って欲しいというご依頼をいただき
ひさびさにごそごそと制作活動をはじめました〜

 CG製作の同人活動の方もちょこちょこ進めていたのですが
鎌はあまり手間がかからなそうだし
CGの方は来年初頭あたりまでに完成させればいいかな〜って
比較的のんびりしているものなので(笑)

 鎌はまだ一度も作った事も無いし
面白そうなので引き受けたのですが結構大きなモノで
どうやって作ろうかアレコレ思案しながら製作中です。
 
 とりあえず問題なのは鎌の刃の部分です。
 何で作ろうか...思案の結果スタイロフォームという
硬質ウレタンの板をベースに作る事にしました。
比較的固く密実な発泡スチロールなので加工性は良いのですが
表面処理が厄介といえば厄介で
表面を滑らかに仕上げるスキルがまだありませんので
今回の製作もその辺を研究しながらの製作になりそうです(笑)
DSCF3715.jpg
 
元々は建築用の断熱材で
木造の建物の壁の中に仕込んであるような素材です。

発泡スチロールなのでカッターで切れますし
ニクロム線を利用して自作した
電熱線カッターだとサクサク切れます☆
DSCF3718.jpg
自作のニクロム線カッター
市販品もありますが、大きなアイテムを作るには小さいのと
結構高いワリには壊れやすそうなので(笑)

DSCF3717.jpg
DSCF3719.jpg 
 
切り抜くとこんなカンジ

素材が発泡スチロールなので
シンナー系の塗料やパテが使えず
表面処理がとても厄介!
アクリル系の水性塗料なら塗装しても大丈夫なので
とりあえず下塗りを重ねて仕上げてみようかなぁ...

はたしてどのような顛末になるのでしょうか?!

posted by ケンイチロウ at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 造型(コスプレ小道具)

2008年09月18日

ケンイチロウは発泡スチロール加工のスキルを得とくした!

なんだか一時はど〜なるかと思った
「角」の方ですがなんとかちゃんと出来ました (^^;
というか、コスプレ小道具製作で一番ドツボにはまりやすい
塗装でまたまた失敗しただけなのですが...
使った事ナイ塗料はやっぱ怖いねぇ〜っていう感じで

 結局、近所の模型屋でアクリル塗料を買ってきて
塗りました。普段はラッカー系の塗料を使う事が多いのですが
ラッカーは発泡スチロールを見事に溶かすので今回は×
プラモデル用のアクリル塗料も発泡スチロールジカ塗りは
危険だと思うのですが、今回は下地が出来てるので
溶ける事無くスムーズに塗装できました。
 色艶もだいたい狙った感じで塗る事が出来ました。

 「角」の方ですが
硬質ウレタンフォームを大雑把な形にくみ上げて
カッターや電熱線で形を整え
さらに熱したアイロンで表面を溶かしながら
最終的な角の形にしていきました。
表面が一度溶かされて固まった為に固い表層が出来て
強度的にかなり強くなった感じです。

 問題点は生き物の角みたいな物なら良いのですが
溶かした時に表面に不規則な凹凸が出来てしまい
それが生物的な模様に見えるって所でしょうか?
あとは、ウレタンフォームを接着した面が
ラインみたいに残るのもイマイチかも。

 表面を平滑に出来ればもっといろいろな用途に
使えるなぁって感じですね〜
どなたか良い方法ご存知ありません?!
DSCF3441.JPG

表面の生物的な凹凸がこの場合は良い感じですが
プロテクターや機械的なモノですとマズイですね
posted by ケンイチロウ at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 造型(コスプレ小道具)

2008年09月10日

なんかイマイチだなぁ〜

先日の実にヤバ気に見えていた角

もっと角らしくみせようと
パールの入ったホワイトを塗り重ねていったんですが...
どうみても銀にしか見えないゾ?!

う〜ん...コレは失敗!!

基材が発泡スチロールなので
手持ちのラッカー系の塗料だと塗れないので(溶けちゃう)
発泡スチロールでも塗れる
水性の塗料を買って来なくちゃなぁ...

予定ですと
薄いパールがかったホワイトから透けるように
下地の茶っぽい文様が浮き出るって感じにしたかったのですが...

トホホ


DSCF3432.JPG

ど〜みても単なる銀色ですな...
塗料にはパールホワイトって書いてあるんですが...

posted by ケンイチロウ at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 造型(コスプレ小道具)

2008年09月07日

とんでもなくヤバいモノに見える (-。-)

現在製作中のコスプレ小道具

頭に付ける物なので
ウレタンフォーム製で軽く作ろうと
試行錯誤しながらの製作なのですが

先日おおざっぱな形が出来たので
今日は角っぽい形に表面を成型してみました。

ヤスリで削るって言うのもアリなのですが
今回は高温に熱したアイロンで表面を溶かしながら
滑らかに成型していきました。

表面に溶けた跡は残る物の
表面を一度溶かされて再度固まったせいで
若干固くなり強度が若干増した感じです。
もっとも表面の溶け跡が残るので
平滑な面を作るのには向いてなさそうですね。。
角って事なので、この場合はリアル感が増して
よさそうなのですけど。。
DSCF3426.JPG


表面成型が大雑把に終わったところで
先日ユザワヤで買って来た塗料で角の下地塗り。。
下地なので茶色を塗ってみたのですが
...ヤバイ、ナンかとんでもなくヤバイ感じがする!
違法画像をUPしてるみたいだぁ〜
クジラや馬のチ○ポに見えて仕方がありません(悲)
早く白で塗って角に見えるようにしなくっちゃ(汗)

DSCF3429.JPG





posted by ケンイチロウ at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 造型(コスプレ小道具)

2008年09月04日

ナイスなアクリル絵の具

ユザワヤで見つけたアクリル絵の具です。

DSCF3420.JPG

本当は絵を描く時に使うアクリル絵の具なんですが
このボリュームで500円と超お買い得です☆
コスプレ小道具製作でも大き目のモノを作る時には
塗料は悩みどころなのですが
コレは水溶性塗料ですので扱いが簡単な上に
結構短時間で乾くのも使い勝手がいいですヨ
薄めないで使うと表面に筆やペンティングナイフの
塗り跡の質感も出るし結構小道具製作向きかな?
なによりも格安(笑)なのが嬉しいです。。

あくまで画材ですので
キャスト製のアイテムの塗装には向きませんが (^^ゞ


posted by ケンイチロウ at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 造型(コスプレ小道具)

ただいま製作中〜

さて旧HPの日記コーナーに変わり
新規開店した当B-Logですが
カテゴリーごとに記事を表示できるらしい。
いまの所は通常の日記とコスプレ小道具
そしてカテゴリーは作ったものの
まだ記事の書き込みはされていないヴィヴィオのコーナー
(実は一回書いたんだが、UPされずに消えた)
まぁ気分でまた増えるとは思うんですが...(笑)

で、コスプレコーナーはこんなカンジで (^^ゞ

只今製作中のアイテムは『伊吹萃香』という女の子の「角」です。
素材は硬質ウレタンフォーム(住宅用の断熱材です)を
適当な大きさのブロックに切り出して重ねて接着
ニクロム線を使った熱線カッターで切り出してみました〜

...こ〜いうの作るのは初めてなので
結構おっかなびっくりで製作してるんですけどね(汗)
こ〜すれば、きっとあ〜なるだろう...的な
結構アバウトなカンジで作ってたりします。

おおざっぱに切り出したら
細かい表面の成型は「アイロン」で
出来るだろうなぁ(多分)と超てきと〜 (^^ゞ

DSCF3417.JPG
うまくいくといいんですが...
突然この話題に触れなくなったら失敗です、多分


posted by ケンイチロウ at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 造型(コスプレ小道具)

2008年08月10日

コスプレ小道具カテゴリー

こちらNew-HPの方で初めてきらめき製作所を
お知りになった方、はじめまして、こんにちは (^o^)

この世の果てで細々と活動しているマイナーな秘密結社(結社といいつつ構成員は一人)ですが
ブログは広くネットに公開されてしまうらしいのできっとナンかの拍子で来てしまう方もいるでしょうね(笑)

さて、ブログカテゴリー(日記の項目?)を作れるらしいので
ココはコスプレ小道具を中心に取り上げていこうかと思っています。
前のHPの日記はカテゴリーぜんぶ一緒くたで闇ナベ的色合いが濃かったんですが
(それはそれで良いんですが)
項目ごとに別れていると整然としていていいかな?

コスプレ小道具、造型はもうずいぶん長い間趣味の一環で活動しています。
もともとはときメモなどのフィギュアー製作から始まって始めた造形活動ですが
最近はコスプレ小道具を中心に製作しています。

基本オーダーがあれば何でも作ってみよう!的なチャレンジ精神旺盛な所もありますが
いろいろな制約で気軽に請け負うという言うのはなかなか難しいといわざる終えません。
仕事とかしなくてもせ〜かつ出来るくらい余裕があればたくさん作れるんですが(笑)

最近手がけたコスプレ小道具はローゼンメイデンの水銀燈の剣です。
オールキャスト製の一体成型で全長は1m、重さは500gあります。
当初キャストの強度とデザインの関係で設定どおりの再現は無理かな?と思ったんですが
キャスト注入時にシリコン型の内にアルミの棒を封入する事で強度を確保して
この形を実現する事が出来ました。

羽と柄の部分はゴールドのラッカー塗料塗りの上に磨き出し塗料という
乾燥後に布等で磨き出すと金属っぽい光沢が出る塗料で仕上げました。

刀身部分は
艶消し白とシルバーの二種類を製作しました。
白か銀か、というと使う人(オーナー様)の好みにもよると思うので
製作者としてはコメントは控えましょう(笑)
しかしコスプレカメラマンとしては
白の方が、写真になった時に真っ黒な水銀燈のドレスに浮かび上がるように
見えていいんじゃないかいな?とも思うし
いや、銀髪の銀様の髪の毛の色にマッチして銀も捨てがたい、と
結局どちらも良いと言わざる得ません(オイオイ)

ちなみに色を塗る手間は同じくらいかな?!





posted by ケンイチロウ at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 造型(コスプレ小道具)