2009年11月01日

北海道旅行2009 札幌〜小樽へ

 2009年北海道旅行も、いよいよ終わりに近づいてきました。

 今回は、小樽港から新潟港を結ぶフェリーに乗って
帰るつもりだったので、最後の目的地小樽へ向かいます。

 札幌から小樽は、距離にして40Km弱
時間も車で一時間って言った所でしょうか?
高速使えば、ホンとすぐ近くの距離です。

 いいお天気の中、のんびり小樽へと向かいました。
札幌からは5号線で小樽に向かいますが
市街地を抜けてもしばらくは都市近郊らしい街並みが続いています。
 半分くらい走ると、海沿いを走る道路になりますが
ほぼ平行して走る函館本線は、ホンと海ッぷちに線路があるんですよね。
5号線は、山が海近くまでせり出している所以外は結構海の近くを通って
眼下には石狩湾が広がっています。
 
 山の所以外は、小樽まで、ず〜っと市街地が続いているって感じがしますね。
昔は、海岸線沿いに漁村が点在してて、結構な賑わいだったとか。

 久しぶりの小樽です。去年の2008年は釧路行ったキリだったので
3年ぶりくらいに小樽を訪れました。噂では、小樽に行くといつも寄っていた
喫茶エンジェルが無くなったとのコトで、その真偽を確かめるべく!!

 小樽には2時ちょいすぎに入りました。
小樽でもホテルに泊まったのですが、まだちょっと時間が早いので
小樽市総合博物館に行くコトにしました。

 小樽市総合博物館?!鉄道博物館じゃなかったっけ?と思ったのですが
近年、総合博物館に改装されたそうで、今は鉄道以外の常設展示もあるそうです。
 駅前通りの小樽運河近くの博物館は、何度となく訪れた事はあるのですが
こちらの博物館(鉄道博物館?)は、以前来た時には改装中だった気がします。

 もと、鉄道博物館だけの事はあり、展示の80%くらいは
小樽の鉄道の歩みや、それに関した展示物となっています。
見ごたえ十分!!屋外には、往年の昭和レトロな電車なども展示されていて
敷地も結構広いので、見て歩くのに結構疲れちゃいました〜 (^^ゞ

2009hoJ0010141.jpg 
 
金曜日、平日の昼下がりという事で
人出はまばら、館内はガラガラでした〜

2009hoJ0010139.jpg 
館内に入ると、往年のSLがお出迎え!!
現役で走っていた当時の貴重な写真がたくさんあり
石炭積み出し港として賑わった頃の小樽の様子がわかります。

また、SLについての詳しい解説や
各部のパーツの展示館は圧巻です。
また、屋外では当時のSLが蒸気を上げて走ってますよ!

2009hoJ0010140.jpg
この日もメチャメチャ暑かったです!!
屋外を一周してきたら、もうヘトヘト。
余りの暑さに、「小樽の水」を購入。
名水とかじゃなく、小樽の水道水の消毒前の水だそうです(笑)
美味しかったですよ☆
本当に喉が渇くと、ジュースとか炭酸とかじゃなく
ただの水がのみたくなるのですよ〜 (^。^)
posted by ケンイチロウ at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道

北海道旅行2007 ヨーカ堂のお寿司


 旧庁舎をウロウロ見学した後
そろそろ小樽に向かおうかと
思ったのですが
なにやらもうすぐお昼の時間。

 地元の方に聞いた話によると
札幌駅前にある、ヨーカ堂の地下食品売り場の
パックのお寿司が飛びぬけて美味しいとのコト!!

 スーパーのパックのお寿司が?と訝しがる事なかれ
なるほど、豊富な北海の幸を食べなれた
地元の人達に売る物ですもの、美味しい物を並べなければ
買ってくれるワケがない!!そう考えると
そんいじょそこらの、観光客相手のお寿司屋さんに
負けるものが並んでいるワケもなく...

 そんなワケで、地下食品売り場に出かけて
お寿司のパックを買い求めて来ました。

 ...ところが、食べる所がないッ?!
休憩コーナーみたいな所で食べられないかな?と思ったのですが
慣れないお店ゆえ、なかなか見つけられず
それじゃ、大通り公園で食べようと歩き出しました。。

 公園のベンチで、お寿司とか食べていたら
不審者で捕まりそうな気もしたのですが
天気も良いし、お昼頃だったので、よくよく見回せば
あちこちでお弁当広げている人もいましたよ。
 ベンチ裏の林の中では、ギターを弾きながら酒盛りしてる
ご老人たちもいたりして、なんともおおらかな感じ。

 北海道は暖かい時期が短いから、こうしてポカポカと
陽気のいい日は、みんな表に出て思い思いすごすのかなぁ?!

 お寿司は、美味しかったですヨ。。
ケンイチロウ、ウニは苦手でして、スーパーのウニなんて
食べられた物じゃない!!と敬遠していたのですが
ここのウニは、美味しくペロリといただけました!!

 その他のお寿司もとても美味しくて 
なるほど、地元の人の言うコトに間違いはナシです。

 今度はぜひ
お勧めのラーメン屋さんを聞いてみたいものです☆

2009hoJ0010134.jpg
ベンチの上で、お寿司を広げるの図。
客観的に見れば、大通り公園のベンチで
パック寿司を食べているのは
かなりマズイ絵な気もしますが...
食べてる最中、何度かおまわりさんが通りかかりましたが
お咎めはなかったです(^^ゞ

2009hoJ0010133.jpg
美味しそうでしょ?
美味しいんだから!
マグロもこの辺で食べる物とは、ぜんぜん違うですよ。
カニが美味しかった〜

2009hoJ0010135.jpg
寿司食ってるんだから
お茶にすればいいものを、ガラナです(^_^)
これは、メジャーメーカー製ではなくて
ご当地のメーカーみたい。。
ちなみに、このガラナは北海道の天然水を使用し
北海道産のジャガイモを原料とした果糖ぶどう糖液糖を
使っているそうな。ご当地ですなぁ〜

コッチに帰ってくると、ガラナの炭酸飲料って
滅多に見かけないんだけど
もっとコッチでも流行って欲しいなぁ〜
posted by ケンイチロウ at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道

 北海道旅行2009 北海道庁旧本庁舎

 開拓村には行けませんでしたが
代わりに、とは言ってはナンですが
札幌駅のすぐ近く、北海道庁の中にある
旧北海道庁舎を見学する事にしました。

 古い建物大好きなのですが
特に明治、大正、昭和初期の建物が好きですね。

 この当時の建物は、意匠(デザイン)が独特で
明治期の建物は、積極的にヨーロッパの建築様式を模しいて
それにどことなく日本の様式を取り入れた和洋折衷(?)的な
独特の雰囲気をかもし出していて、とても面白いです。

 北海道旧庁舎は入場無料(^^)
内部が自由に見学できる上に、資料館も併設されています。
札幌観光の折には、ぜひ訪れたい所でもありますね。

 庁舎の周りは、緑豊かな庭園が広がり、また池もあるので
観光地としてではなく、道庁を訪れる人たちの憩いの場でもあるようです。

 建物の外周をぐるりと撮影して回った後
中の見学をしましたが、重厚な造りで、威圧感すら感じられました。
威風堂々とした外観に、異国を思わせる様式美の内観と
建てられた当時の人たちにとっては、最北の地を治める
明治新政府の権威の象徴だったんでしょうね。

 外観、内観の見学と大きいとは言え
たっぷり二時間近く見て歩いていました〜

2009hoDSCF6059.jpg 

2009hoDSCF6063.jpg 

昨日同様、この日もすごく暑かったです。
照りつける日差しが、まるで夏のようでした。

あれから一ヶ月ちょっと経ちましたが
北海道はもうすっかり冬の装いだそうで
旭川では初雪が降ったそうですねぇ〜

2009hoDSCF6065.jpg
2009hoDSCF6068.jpg
 内部も豪華な造りで、興味深かったです。
部屋によっては、北海道の歴史や動物などのちょっとした
展示などもあって面白かったです。
 場所によっては、今でも会議室として使われている
部屋もあったりして、まだまだ現役で頑張ってるんですねぇ。


posted by ケンイチロウ at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道

北海道旅行2009 ノルテの朝ごはん

 ノルテは基本、朝ごはんは無いようなのですが
パンとコーヒー、ソフトドリンクなどは
サービスになっていて、自由に食べる事が出来ました。

 どんな感じかな?と思ったのですが
パンはとても美味しくて、食べてよかったです。

 レストランもあるようで、メニューをちらっと見たんだけど
なかなか美味しそうな物がそろっていましたよ。
お値段もリーズナブルなので、また機会があればぜひって感じですね。

 朝ごはんを食べつつ、今日の予定をいろいろ思い巡らしてました。
お天気は抜けるような快晴、このまま小樽に直行するか
それとも昨日行けなかった開拓村に出かけるか...
 
 結局、開拓村は次回の旅行のお楽しみに
そのまま小樽に行くのも味気ないので
ちょいと寄り道、北海道庁にある旧本庁舎を見学して行くコトにしました。

2009hoJ0010131.jpg
パンはとても美味しかったです。
こういう心遣いはとても嬉しいです。
立地も悪くはないし
機会があればぜひまた泊まりたいですね。

余談ですが...
すぐ近くに、サッポロビール園ならぬ
キリンビール園がありまして
ジンギスカン&お寿司食べ放題にすごく惹かれたのですが...
さすがに食べ放題に一人で入るのは気が引けたので
これもまた、いつかのお楽しみに  (^^ゞ
posted by ケンイチロウ at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道

北海道旅行2009 晩御飯を食べに...


 ホテルに帰り一休みした後
このまま寝てしまうのも、ちょっと惜しい気がしたので
また大通り公園の方へ、散歩に出かける事にしました。

 今日は、旭川から札幌へ移動しただけなので
ぜんぜん体力的にはOKだし(笑)

 夜のススキノ近辺は
さぞかしデンジャラスゾーンかと思いきや
意外に普通の繁華街って感じでした。

 まぁ...昼間と変わって、普通の観光客より
サラリーマン風の人が殆どだったけど。。
仕事帰りに飲んだり、遊んで帰るって感じなのでしょうか?
昼間とはまた違う、猥雑(?)な喧騒に満ち溢れてましたね(笑)

 結構遅い時間(11時頃だった)のですが
人通りは昼間以上に多くて、びっくりでした。

 都内みたい(都内以上?)な感じ。。

 北海道って、結構大きな大都市でも、8時過ぎるとほとんど
お店閉まっちゃったりして、寂しい限りなのですが
さすがに違いますねぇ〜

 大通り公園もたくさん人がいました。

 ススキノ近辺ですが、結構警察官が巡回していたりして
客引きとかにはぜんぜん会わなかったです。
もっとも、夜はコワイので表通りしかうろつきませんでしたが(^^ゞ

 そ〜いえば、お土産買わなきゃなぁ、とふと思い出しました。
明日は早めに、小樽に向かおうと思っていたので
買い物するならこれが最後のチャンスかな?と。。

 11時過ぎにお土産とか買えるの?って思いましたが
不夜城ススキノでは、ちゃんと開いてるお店ありました。
しろくまの可愛いお菓子を置いてある
和菓子屋さんみたいな所で、お土産かいました。
 こんな時間に、お土産を買ったからでしょうか?
店員のお姉さんはとても綺麗な人だったのですが
視線がすごく冷たい気がしたゾ
「ススキノでしこたま遊んで来やがったんだろ〜
 このエロジジイがっ!!」的な...
たんなる被害妄想ですが...(^_^;)

 あの蔑むような冷たい視線が忘れられない〜
札幌に出かけた折には、またあのお店でお土産を買わなくては(爆)
 
 それにしても、札幌の駅前やススキノ方面は
結構遅くまでお店が
開いているようなので、夜にうろつくにはいいかもしれませんね。
北海道=夜が早いってイメージだったので、すごく意外でした。

 そうそう、うろつきがてら折角北海道に来たので
回るお寿司を食べて帰りました。
 さすが北海道、回るお寿司といえどもあなどれません!!
いろいろなネタを、あれこれ食べまくりましたが
どれも美味しかったです。
いつかはまわらないお寿司も食べてみたいものですが(^^ゞ

2009hoJ0010128.jpg
三色軍艦巻き!!
大和、武蔵、信濃の揃い踏みと行った所でしょうか?
金の皿は高かったですが...(@_@。
お店は、ここいらで評判の
美味しい店かどうかはしりませんが、超満員でした。

 

  
posted by ケンイチロウ at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道

2009年10月31日

北海道旅行2009 札幌ススキノ寶龍


 予定はだいぶ変更になりましたが
この日の宿にも無事もたどりつけました。

 フロントでチェックインをした後
地下の駐車場へバイクを入れたのですが
荷物を部屋に運ぶのも一苦労でした。

 大きなバッグを抱えて、狭い通路を通り抜け
小さなエレベーターに引っ張り込み
なんとか部屋までたどり着きました〜 (-。-)

 部屋にたどり着くと、さっそく濡れた衣類を引っぱり出し
コインランドリーーへ...ここ数日洗濯ばっかしてるなぁ(゚-゚)
洗濯しては雨に降られの繰り返し...これが運命?

 洗濯している間に、自分も洗濯。
三点式のユニットバスルームでしたが
わりと広めだったので
ゆっくりシャワーを浴びる事ができました。

 荷物自体は、バイクにくくり付けるときには
ビニール製のカバーでシールドするコトにしているので
急な雨でも大丈夫だったのですが
乗ってる人間の方が、いつも対応が後手に回り濡れ鼠のありさまです(^^ゞ

 3時ちょっとすぎに、洗濯と乾燥が終わり
着る物が乾いたので、ごはんを食べに行きがてらぶらぶら出かけるコトにしました。

 ホテルをでて表通りに出るとすぐ中島公園でした。
この辺は、大きなホテルがいっぱいある所のようですね〜
中島公園には大きな池があり、ボートも浮かんでいました。

 ホテルのフロントで、近辺の地図を貰ったので迷わず歩けましたが
碁盤の目のように規則どおり整然とした街並みですねぇ。

 札幌駅からまっすぐ駅前通が伸びてきて
中島公園に突き当たる感じらしいですね。

 地下鉄や路面電車もあってさすが、交通の便はよさそう!
駅前通ぞいに、散歩がてらとことこ歩いていくと
たくさんの飲食店やお店が延々と続いていました。
さすが、北海道一の繁華街!!
 
 バイクでツーリングに来るコトはよくあるのですが
札幌近辺は、ルート上の通過点で通り過ぎるコトは度々ですが
こうしてのんびり散策するのはものすごい久しぶりです。

 むか〜し、社員旅行で札幌雪祭りを見に来て以来だったから
十何年ぶりってレベル?! (^^ゞ

 札幌は、フェリー港のある「小樽」と「苫小牧」の
丁度中間点あたりにあるので、ツーリングに来ると
結構毎回通るっちゃ通るんですけどね。

 おなかも減ったので、何を食べようかなぁ〜と
ウロウロしながら辺りを物色していたのですが
ラーメンを食べるコトにしました。

 北海道来て、まだラーメン食べてなかった!
(即席ラーメンは食べたけど...)

 お店は数知れずあれど、リサーチとかしていなかったので
インスピレーションで、適当に入りました。

 入ったお店は「寶龍」さんというラーメン屋さん。
全国にチェーン店がたくさんあるそうですが、ここが総本山らしい。
とりあえず、平日のまだ4時前だったのでそれ程は混んでなかった模様で
すんなりと入れました。(ほぼ満員といえば満員でしたが)

 詳しい名前はちょっと忘れちゃいましたが、味噌ラーメンを頼みました。
コク味噌?何とかラーメン??美味しかったです。マジ旨かった。
 旅行から帰った後で、ここのHPをのぞいてみたのですが
メニューには載っていないラーメンみたいでした。
そういえば、ちょっと特別っぽい扱いのラーメンだったみたいな気もする。

 スープもアツアツ、すごく濃くて、コクもありどことなく甘い感じ?
面も歯ごたえがあって美味しいし、トッピングも良いですよ。
メンマが美味しかったし、煮たまごも旨かった〜
チャーシューは、二種類乗ってたみたいで
一つは甘辛て、もう一つは外側がちょっと苦甘い感じの絶品チャーシューでした。

 これは、好きな感じのラーメンですね!!
ラーメンは、激しく好き嫌いがあるので何ともですが
コッテリ系の、味噌ラーメンがお好きならぜひ食べてみてください。
ケンイチロウお勧めです☆

 ラーメンを食べた後は、大通り公園まで散歩しました。
平日の夕方なのですが、大勢の人で賑わっていました。

 いつもこの辺は、バイクでピューっと通り過ぎちゃうだけなので
のんびり公園内を散策して歩いていました。

2009hoJ0010126.jpg 
中島公園の池
結構というか、かなり広い公園でしたよ。

2009hoJ0010118.jpg
大通り公園、札幌テレビ塔
テレビ塔、今回は登りませんでしたけど(^^ゞ
曇り空で、少し暗くなってきたので、TV塔あがっても
あんまり面白い写真撮れなさそうだったので(笑)

2009hoJ0010113.jpg

2009hoJ0010115.jpg 

ここがラーメンを食べた「寶龍」
美味しかったです。
味が濃くて、コッテリ系でケンイチロウ向け(笑)
また食べたい。
...チェーン店なので関東にもあるみたいなので
チャンスがあればぜひ行って見ようかしらん?!


posted by ケンイチロウ at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道

2009年10月30日

北海道旅行2009 ビジネスイン ノルテ


 札幌にはついたものの
雨は降ったり止んだりの様子で
とてもじゃないけど、開拓村に行くのは無理そう。

 さて、どうしたものかな、と思ったのですが
とりあえず今夜とまる予定のホテルに向かいました。

 札幌では普通のホテルに泊まりました。
(この時点では普通のホテルと思っていました)

 さすがに大都市札幌では、キャンプ場なんかそうそうあるワケでもなく
いくつかキャンプできそうな所はあったのですが
場所が市街から遠すぎたり、シーズンオフでやっていなかったりで
結局ホテルに泊まる事にしました。

 ホテルだと、外出とか時間を気にしなくていいので、気が楽かも。

 さて、予約したホテルは、ビジネスホテル「ノルテ」
ネットでいろいろ物色していたら、比較的安くて
思いっきり市街地だったので選びました。

 場所は、札幌の駅前からは少し離れますが
中ノ島公園のすぐ横です。
 大通り公園とか札幌駅までも別に歩けない距離じゃないですよ。
観光がてら、ブラブラ歩いてると着くって感じ。。
 札幌名物「ススキノ」の繁華街の近くって言う方が
ピンとくる人も多いのでは?!

 ホテルは、表通りから通り一本裏手に入った所にあって
パッと見、フェイントかけられる外観なので(笑)
初めてだとちょっとわかりずらい所かもしれないですね。

 自分も30分くらい迷っちゃいました。

 裏手が、大きな川があって(豊平川)
川沿いの道路からは、直接入れないので結構大回りとかしちゃいました (^^;

 もう一つ、わかりにくいというか
ホテルの前まで来てびっくりしたのが
なんとホテルの半分が「ラブホテル」だったんです!
(*^。^*)

 誤解があるといけないので、補足いたしますと
結構高いビルの建物の看板にはホテルリオ&ノルテと書いてあって
入り口の半分が普通のビジネスホテルの入り口、もう半分がラブホ。
もちろん真ん中には仕切りはありますので
ラブホのお客と、うっかり鉢合わせというコトはなさそうです。
 というか、ラブホのお客用のビルの屋内駐車場の入り口が別にあって
正面玄関から入ってくる客はあまりいないんじゃないのかな?!

 ノルテの方はというと、まことにまっとうな、良いホテルでありました。
綺麗だったし、従業員さんたちも礼儀正しく、折り目正しく品行方正(笑)
模範的なホテルの方たちでしたので、どうぞご安心してお泊まりください(^.^)

 10階建て以上あるのかなぁ?
エレベーターに乗って気がついたのですが
どうも半分から上の階が、ラブホテルみたいでした。
 エレベーターは二台あるのですが
ノルテの方から乗れるのは一台だけで
行けるのも5階までのようでした。

 ホテルに付いたのは、お昼を少し回った頃だったのですが
さすがに雨の中走って疲れちゃったので
かなり早かったのですがチェックインしちゃうコトにしました。

 さすがに、予約を入れておいた部屋はまだ清掃中だったそうですが
別の部屋が空いているとの事だったので、そちらの部屋に変更してもらえました。
チェックインは3時からでしたので、早く入った分の差額はとられましたが
はやいとこ荷物を下ろして休みたかったし、シャワーも浴びたかったので
とても助かりました。

2009hoJ0010105.jpg

結構高いビルなのですが、まわりも高いビル(ホテル)
ばかりなので意外に目立たないです。
ちょっと裏にあるのもポイントですが...それにはワケが?!

2009hoJ0010106.jpg
これがホテルの入り口です。
1階が、中二階的に高くなっているのですが
これは、地下が駐車場になってる為みたいです。
一般のホテルのお客さんは、この裏手にある
(川の土手沿いの道)から駐車場に入ります。

2009hoJ0010125.jpg
正面玄関を、真正面から見たところ(笑)
色が違うでしょ?!
右の白い方が「ビジネスインノルテ」
青い方が「リオ」というラブホ
リオ&ノルテという看板の意味がわかった!!

2009hoJ0010102.jpg
部屋からみた景色。
横に流れているのが豊平川。
川沿いに道もあるのですが、土手の上の道なので
直接ノルテには入れませんでした。


2009hoJ0010103.jpg
部屋はこんな感じ〜
部屋のキーはカードロック式で
外出する時に、いちいち鍵を預けなくていいのはありがたいです。


 

 
posted by ケンイチロウ at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道

2009年10月29日

北海道旅行2009 いざ札幌へ!!

 9月24日(木)

 キャンプで朝起きると、かならずするコトは
ラジオで天気予報を聞く事。。

 バイクの場合、天候の具合で行動が変わるので
結構用心深く天気の様子を調べておかないと、痛い目にあいます。

 (まぁ、用心深く聞いてても、痛い目にはあいましたが)

 旭川は朝から晴れ上がりとても良いお天気でした。

 昨晩半乾きだった衣類も、何とか着れる模様。
(微妙にしっとりしていましたが)

 もっとも天気予報では
これから向かう札幌方面は曇との予報。
この時点では、雨は降らなさそうなカンジでした。。

 8時に管理棟に人が来たので
チェックアウトと、毛布を返しに行きました。

 昨日の夕方は、おばちゃん一人でしたが
今日は、綺麗なおねえさんも受付にいました〜
あぁ、今日は平日かとハタと気がつく。。

 話は変わりますが、東神楽は結構PHSの
電波よく入りましたね。驚いちゃった!!
すぐ横に、大きな温泉施設があるからなのかしらん?

 さて今日の予定は、札幌に向かい
前から行きたかった、北海道開拓の村という
昔の開拓時代の建物を集めた、明治村みたいな博物館が
札幌近郊にあるので、それを見るつもり。

 旭川から札幌までは
高速道路だと約140Km、一時間半くらいの距離です。
 下道で行こうかな?と一時思ったのですが
距離はそんなに変わらないものの
時間はずいぶんかかりそうな感じ。
大きな都市の横を通る道なので、信号とかも多そうだし
早めに札幌に行って、博物館見たかったので
高速道路を使うコトにしました。。

 旭川のICから高速に乗り、すぃ〜っと札幌へとの予定。。
 
 高速にしばらく走ると、日本最北のSAなる「砂川」発見。
せっかくだから寄ってみようかな、と一休み。

 9時前に入ったのですが、食堂は開いていて
結構いろいろなメニューがあってびっくり。
何か食べていこうかなぁ、とも思ったのですが
札幌に着くまで我慢するか、と先を急ぎました。

 さて、砂川SAを出てまもなく...
雲行きはどんどん怪しくなり始め
ついにはポツポツと雨粒が、ヘルメットのシールドに
当たり始めました。。
 まずいなぁ...でも、まぁコレくらいなら大丈夫か
と思った瞬間!!突然、土砂降りの雨が降り出して
一瞬のうちにずぶ濡れに...あう〜 (@_@。

 せっかく洗濯したのに〜

 とりあえず、一番最初に目に入ったPAへ寄って
濡れた衣服を脱いで、乾いた予備の服に着替えました。
ズボンはさすがに換えはないのですが
寝巻きがわりに持ってきた、スエットをはいて
その上からレインコートを着こんでしのぎました。

 再び気を取り直して走り出したのですが
札幌は、もう目と鼻の先。
高速を降りた頃には、もうだいぶ雨がやんでいました。

 さりとて、このまま開拓の村に行く訳にもいかず。。
 レインスーツで入る訳にもいかないし
スエットで入るのはもっとやだし(笑)

 しばらく考えた末に
開拓の村は、今回は止しにして
そのまま今夜泊まる札幌のホテルに向かうコトにしました。

2009hoJ0010101.jpg 
砂川SA
日本最北だそうです。
平日で、朝9時前だというのに
結構な観光客で賑わっていました。

ココで、レインスーツ着ていれば
まだ被害は少なかったのですが...

北海道ツーリングで、雨に降られなかったコトは無し (@_@。
トホホ

posted by ケンイチロウ at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道

北海道旅行2009 よもやま話

 キャンプ場に泊まると
夜は何にもする事がないですね。

 たいていキャンプ場は郊外だから
夜遊び(笑)する所もないし、日が暮れたら寝るだけ、みたいな。

 まぁ、大きなテントで、仲間が数人いれば
話も弾むし、酒でも飲みながら楽しい夜もあるでしょうけどね。

 さて、ここのキャンプ場も夜はホンと静かです。
明かりも必要最低限で、トイレと水のみ場とかの
室内の明かりがついてるくらいで、離れるとまっくら。

 テントの中で、明日の予定を検討しつつ
そうだ、洗濯しようと思い立つ。
 昼間は、夏場を思わせる日差しの中
動物園めぐりをしたので、衣服が結構汗臭い!!

 キャンプ場にコインランドリーがあるので
さっそくズボンとシャツなどを洗うコトに。。

 一応洗い替えは持ってきてはいるけど
さすがにズボンは一着だけ...シャツもどれも
なんとなく汗臭い感じだったので。。

 網走のキャンプ場でも洗濯していたような気が...

 さて、洗濯終了後、今度は乾燥機へ洗濯物を突っ込んだが...
おっ、音がうるさい!!うるさすぎです!!
 日中なら、ぜんぜん気にならない音だと思うけど
ドラムが、ガランガラン回転する音が
夜のキャンプ場の静寂を台無しにしてる感じ...

 洗濯室から離れると、それほどは音はしないけど
テントの中にいても、なんとなくは音がするみたいで...

 あぁ〜なんか迷惑なカンジ
 
 結局、半乾きなままで、止めて持ってきちゃいました。
ズボンや、シャツはもちろんしっとりとしているので
狭いテントの中に一生懸命吊るして、乾くのを待ちました。

 テントの中は、不快指数100%?!(笑)
 
 
posted by ケンイチロウ at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道

北海道旅行2009 森のゆ花神楽

 キャンプ場にはシャワーもあるのですが
せっかく近くに温泉があるので
今夜は温泉に入りに行くコトにしました。
 達古武に網走も、すこし離れますが温泉はあるのですが
さすがに温泉帰りにバイク走行はキツイです。
ココは、歩いて温泉まで行けるのですよ。
おまけに、晩御飯の買い物していないので
夕飯がてら温泉に出かけました。

 歩いて、10分かからないくらいかな?
大きなホテルや貸し別荘、温泉にレストランなどがある施設で
日帰り入浴も出来るスパみたいな感じでした。

 祝日の最終日という事で、大盛況でしたよ。

 辺りは、人っ子一人いないような
山の中の森林って感じですが、ここはすごく賑やかでした。

 入浴料は600円ですが、キャンプ場使ってる人は500円でした。
お風呂はとても大きくて、のんびりつかって旅の疲れを癒すことができました。
露天風呂もあったりして、一時間くらい入っていました。

 お風呂も上がったし、キャンプ場のおばちゃんが美味しいと薦める
レストランに行ってみました。
 お店の入り口にあるメニューを見ると、美味しそうな北海道の料理の数々が
たくさんあって、どれを食べようか期待に胸高鳴ります。

 レストランに入ろうとすると、なにやら満席の様子...
店員さんが出てきて、今夜は団体旅行の方がおいでになっていて
店内席は満席なんですよと、申し訳なさそうな顔。
 あちらのお席ならご用意できますが...と指差されたのが
屋外のテラス席!!ステキ〜星降る夜空を眺めながらお食事なんて最高〜☆って
外、けっこう寒いんですが...(>_<)
さすがに、外で食べるのはちょっと(笑)
お昼とかならともかくだけど...

 どうしようかなぁ〜と館内をウロウロしていると
軽食コーナーを発見。せっかく北海道来たんだから、美味しいもの食べたいなぁ〜と
切に願ってはいるのですが、さすがにココでは無理そうな感じ。

 普通にカレー食べました。あと、ホッケの竜田揚げ。。

 9時くらいまで、館内をウダウダすごしていました。
居心地すごく良かったです。。外に出たら結構寒かった。

 夜空を見上げたら、星は...曇りであまり出てなかったです。


2009hoJ0010095.jpg
こちらが温泉やレストランのある建物。
この奥にホテルや貸し別荘があるみたい。
夜は10時までやっています。

2009hoJ0010098.jpg
お口汚しと言うなかれ。なかなか美味しかったです。
もちょっと量があれば言う事なしでした。
2009hoJ0010097.jpg
ほっけの竜田揚げ。
この辺(埼玉)辺りではなかなか食べられませんね。
レストランでは食べられませんでしたが
北海道らしいものが食べられて、とりあえず満足。

2009hoJ0010096.jpg
温泉施設のラウンジにある
旭山動物園をモチーフにしたレリーフ。
なんと、ここの支配人さんが自分で作ったとの事!!
発泡スチロールを削りだし、樹脂で固めた力作。
北の地で、こんな偉大な造形に出会えるとは!!

posted by ケンイチロウ at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道

北海道旅行2009 ひがしかぐら森林公園

 園内をぐるり一回りして
おみやげなどいろいろ買ってから
旭山動物園を後にしました。

 時間は、3時半を回ったくらい。
今夜泊まるキャンプ場までは
車で20分くらいの距離らしいので
5時のチェックインの締め切りまでに
時間はまだ十分にあるのですが
一応念のために...晩御飯の材料も買ってないし〜


 旭山動物園から、キャンプ場のあるひがしかぐら森林公園までは
あるいみ一本道なのですが、目印的な物はあんまりなくて
ホンとにこの道でいいの?みたいな...
とにかく広大な農地の中って感じ。さすが旭川!!

 あちこちの畑では、タマネギ?の収穫真っ盛りみたいでしたよ。
(タマネギという確証はないですが)

 途中、東神楽や東川の市街地があって、お店などもそこそこあったので
あとで、晩御飯を買いに行こうとか思いつつ通り過ぎていきました。
 旭川の市街地までも、20Km、30分くらいの距離なので
夜に見学がてら、行ってもいいかな〜とか思っていたのですが...

 ひがしかぐら森林公園の辺りは、マジ何もないです〜
広大な畑と、農家の家が点在してるような感じで
森林公園という位なのだからそれはそうなのですが...
先ほど言った、市街地はさほど遠くない距離にはあるのですが。

 ひがしかぐら森林公園は、人口の湖(遊水地)を中心にした
丘陵にある広大な森林公園です。いろいろな遊び場所も用意されているし
キャンプ場の他、別荘風のコテージなども園内に点在してる感じ。
雰囲気的には、森の中の湖畔?湖畔って程湖までは近くはなかったですが (^^

 さて、森林公園は意外に広大なので、どこがキャンプ場の受付なのか
よくわからなくて、ウロウロしてました。
 
 ぱっと見、遊具とかのある公園の中に、テントがはってあるところを見つけて
まさか?ここか?と思ったのですが、どうみても普通の公園っぽい。。
大勢の家族づれが思い思いの休日を楽しんでいる感じで、フリスビーしたりしてる。
 ハッキリ言って、テントあるの場違いだぞ!!
でも、よく見るとけっこうテントあるし、バンガロー的な小屋やロッジみたいなのもあり
バーベキューに興じている人たちもいたりするし...

 ホンとにココかなぁ、と管理棟っぽい建物に入ると...マジでここでした(゚-゚)

 う〜ん、こんな所だったのか...。。

 さて、時間は4時ちょい。日はまだわりと高め。
チェックイン、ていう程仰々しいコトはなくて、管理等でキャンプ料金を払って
おとまりの約束事を聞いておしまいでした。(もちろん毛布借りました)

 バイクは、管理等からキャンプ場まで続く通路の路肩に止めて置いてくださいだって。
で、衝撃の事実発覚!!
 夜はキャンプ場の出口にチェーンを下ろして、施錠するので
5時を過ぎると出られませんから、だって...オイオイ (^^ゞ
 どうも、ここのキャンプ場は夜間は管理人がいないようで
防犯の為に施錠するんだってさ。
う〜ん、今から買い物に行っても、さすがに5時までには帰ってこられないし
バイクをゲートの外に止めるっても、道っぱただし、無用心この上ありません。

 管理棟には売店もあるのですが、カップ麺とかそんなのしかないしねぇ。
困った顔をしていると、管理人のおばちゃんが、キャンプ場から数分歩くと
大きな温泉施設があって、そこにレストランや軽食コーナーもあるから
大丈夫だよと教えてくれました。

 あぁ、それならいいかな?とバイクをキャンプ場の中に入れ
さっそくテントを張り始めました。もちろん傍らでは子供が遊びまわり
興味深げにこちらを眺めていたりもしますが (^_^;)

 四時半くらいには、テントも張り終えたので
森林公園の中を散策するコトにしました。

 大きな湖を中心に森林が広がっていて、あちらこちらに遊園施設があるみたい。
湖のすぐ横には緑の芝生が敷き詰められた丘があって、その上にまたキャビン風の
貸し別荘みたない小屋が何棟かありました。(でもどうやってそこまで行くのだろう?)
やはり丘を登って行くのだろうか?
ちなみに丘の上のキャビンは人の気配はぜんぜんなかったです。

 湖をまわりつつ、辺りを散策して小一時間。日も暮れ始めたのでテントに戻り荷物の整理。
キャンプ場の入り口は確かにチェーンがかけられて、車やバイクの出入りは困難なようでした。

 管理棟は入り口が閉められて、誰もいなさげな感じ。
オートキャンプ場は、原則24時間管理人がつめている所が大半なんですけどね。
 でも、すぐ近くに花のゆ、花神楽という温泉宿泊施設があるので
そこで一緒に管理してるみたい。。そう考えると安心ですよね。

2009hoDSCF5510.jpg 
湖というか、調整池らしいです。
正式名称は東神楽遊水地。ちなみに、この上流に
ダムがあるそうで、そのさらに上には旭岳があるみたい。
ロープウェーで登れるらしかったです。
(今回はリサーチ不足で、後で知りました)
大雪山を挟んで、反対側の層雲峡側からは
ロープウェーで結構高い所まで登った事があります。
GWだというのに、結構雪が残っていて
スキーヤーがシュプールを描いている中
ケンイチロウのみが、革ジャンにジーンズ姿という
場違いな存在だった記憶がよみがえります (-.-)

2009hoJ0010091.jpg
湖は、スワンボートがたくさんいました。
水深はどのくらいなんだろう?  意外に浅いのかな?
湖の周りや、横断するように、サイクルモノレールがあって
結構楽しそうでした。

2009hoDSCF5504.jpg
森林って感じでしょ?
左の方に見える、とんがり屋根の塔みたいなのが
キャンプ場の管理棟。右の建物が温泉施設。

2009hoDSCF5508.jpg
湖の側面はサイクリングロードがあり、丘になってます。
丘を利用した、グリーンスライダーもありましたが
現在故障中で使えないとの事でした。
この丘の上の方に、キャビンがあって
なかなか見晴らしはいいのですが、使えるのだろうか?
一応、炊事場とかトイレもあって、水は出ましたが
あまり使われている形跡はなかったみたい。
キャビンは、ちゃんとエアコン付いてましたよ。
丘の向こう(?)はパークゴルフ場があって
27ホールとなかなかに本格的。たくさん人がいました。

2009hoJ0010092.jpg
キャンプ場の横の公園。謎な恐竜の遊具とかたくさんありました。
一日遊べるように、貸し自転車や、パークゴルフ
釣りやゴーカート、テニス、バスケコートなどなど
旭川市民の憩いの場?

2009hoJ0010089.jpg
今夜の寝床、というか愛用のテント。
奥に写っているのが愛車VTR。
テントとバイクの距離感はこんな感じ。


2009hoJ0010090.jpg
この、ちょっと洒落た建物は?
正解はトイレです。
テントの斜め上って感じ?で
ほんのちょっとだけ小高いところにあるのです。
何もトイレの横にテント張らなくても、と思われるでしょうが
辺りはバーベキューの客やら、子供が遊びまわっていて
バイク近くの場所は、ここぐらいしかなかったの(悲)

ちなみに、トイレは公衆トイレ的な感じではありますが
清潔でよかったです。ちゃんとウォシュレットでしたよ!

posted by ケンイチロウ at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道

2009年10月28日

北海道旅行2009 旭山動物園

 北海道の人はいい人が多いです。

 旭山動物園の周りには、園の駐車場もあるのですが
近辺アチコチに、民間の駐車場もたくさんあります。

 動物園の駐車場は無料なのかな?
まわりの民間の駐車場は有料なのですが
大混雑のこんな日ですと、有料でもとめたくなるのが人情。

 まぁ、それはさておき
ケンイチロウ、この辺の事情がよくわからないので
どこでも有料なのかしらん?と適当な民間駐車場へ
バイクで入ろうとした所
入り口のおじさんに呼び止められた...

 なに?バイクは駄目なの?と思ったら

 この先もうちょっと行った所に
動物園の駐車場があって、バイク置き場はすいてるし
無料だからそっちに行った方がいいよ、と!!

 そんなに高い駐車場料金ではないのですが
親切に教えてくれる姿勢に感激。

 言われた通り、長い坂を走っていくと
バイク置き場がありました。

 東門という、園の一番高い丘の上にある入り口の目の前。

 バイクだから、するりと入れましたが
車は駐車場待ちで長い列...お父さん一人残して
お母さんと子供が、車を降りて先に園に入る姿も。
北の大地でもお父さんは辛いねぇ。。

 動物園に入るのはすぐに入れましたが
園内はものすごい人でごった返していました。
おまけに日差しはギラギラと照りつけて来て暑い暑い (*_*)
 バイクで走ってる分には、心地よい陽気なのですが
夏真っ盛りを思わせる直射日光に、ついにTシャツ一枚に...
園内、そんな人ばかりでしたけど(笑)

 さて、園内に入ったのですが、見学の前にする事が...
今夜泊まるキャンプ場へ予約の電話を。。一応ね。。
 地図で見るとすぐ近く、15〜6キロの所なのですが
電話をして聞いた所、車で20分もあれば着くよとのコト。
キャンプ場なら空いてるので、宿泊はOKなのですが
5時までにチェックインしないと泊まれないよと言われる。。
え〜?!何それって気もしましたが、仕方ないです。

 何度かというか、自分よくあるんですが
夜7時、8時にキャンプ場に着くのザラなので (-_-)
まぁ、だいたい前もって電話しておけばぜんぜんOKなんですが
ココはちょっと厳しいなぁという感じでした。

 わりと近そうな感じではありますが
余裕を見て、4時には動物園出なければ...
つ〜か、二時間もいられないじゃないですか?!
 シクシク、せっかく噂に名高い動物園に来たのに
二時間しか見られないの?!と肩を落としましたが
意外に狭いので、一回りするくらいなら一時間もあればOK?

 人気の展示は入場待ちとかで見られなかったですが
いろいろと珍しい動物を見る事が出来ました。

 行動展示っていうんでしょ?
動物のすんでいた環境を模して、自由に遊ばさせている感じ。
 
 狭い檻に閉じ込められがちな、動物園の動物も
これなら少しは気がまぎれるかなぁ?

2009hoJ0010088.jpg
動物園は、山裾というか、丘の斜面にあるような感じで
3つある入り口のうち、東口が一番高いところにあります。
入り口を入って、レストランやおみやげもの売り場のある
建物から出ると、こんな感じの風景が広がります。
動物園が一望というか、十勝平野一望〜

2009hoDSCF5483.jpg
かぴぱら
おさると同じ場所にいます。

2009hoDSCF5495.jpg 
ぺんぎん
なんか、いろいろなのが一緒にいたよ。

2009hoDSCF5503.jpg
なんだかわからないいきもの
中に、ふわふわした生き物がいたけど、何だったんだろう?

この他にも、動物たくさんいました。
というか、メジャーな動物は混んでて見られませんでしたが...
れっさーぱんだもいましたが
暑さの為か、隅っこのくらがりでへたばって出てこなかったデス
ほっきょくぐまも暑さでへたばってる模様。

2009hoDSCF5498.jpg
下の方から、動物園を見上げるとこんな感じです。

2009hoJ0010087.jpg
話題のあざらしのアレは、見学待ちの列の長さに断念。。
かわりに、コレで我慢してました。
2009hoDSCF5499.jpg
手作り感が良いですね。
ぜひ、また来てみたいです。今度はのんびりと。。

posted by ケンイチロウ at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道

北海道旅行よもやま話

 北海道旅行の際には、よくオートキャンプ場を使います。

 オートキャンプ場とは何?と言われば
非常によく整備されたキャンプ場と言った所でしょうか?

 北海道つつうらうら、キャンプ場はたくさんあるのですが
それはそれ、まさにピンきりで、オートキャンプ場並に
整備された所もあれば、なんだか忘れ去られたような
寂しげなところもありまして...そういう所はだいた無料ですが。

 オートキャンプ場と言うだけあって
キャンピングカーで乗り付けてキャンプしたり
クルマ横付けで、テントはれる様にサイトが整備されて
道も綺麗に舗装されていたり、もちろんトイレは綺麗な水洗。
24時間、常駐管理人が居てとにかく安心な所なのですよ。
それだけに、テント張るだけでも、結構な料金なんですが...

 基本は、事前予約しないといけないんですが
持ち込みテントの宿泊だと、だいたいその日いきなりでもOK。

 北海道旅行の時は、あまり事前予約はしないですね。
結構、途中で気が変わって行き先変えたりしますので(笑)

 それでも、事前に、できるだけキャンプ場とかの
情報や位置はリサーチしておくので
いくつか候補のあるキャンプ場の中で、行き先を変えるって
言った方が正確かも...やはりチキン野郎です (^^;
posted by ケンイチロウ at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道

北海道旅行2009 旭川へ 北海道旅行2009 旭川へ 北海道旅行2009 旭川へ!!

 連休最終日の9月23日は
朝から抜けるような青空が広がり、とても良いお天気でした。

 6時前には起床。テントは日が出ると中が結構明るくなるので
自然と目も覚めます。寝ぼけまなこでコーヒーを沸かし
顔を洗うと、水の冷たさに飛び上がるくらいでした (^^;

 荷造りをしたり、テントを片付けてバイクにくくりつけたりと
キャンプ翌朝の出発前は大忙しです。
 一通り準備が出来たところで丁度8時。
キャンプ場の管理棟も開いたので、借りた毛布などを返していざ出発!!

 網走駅を通り過ぎて、国道39号線でまずは女満別(めまんべつ)へ向かいます。
祝日の早朝というコトで道はすいていました。(それともいつもこんな感じなの?)
女満別でガソリンを入れて向かうは旭川!!
とりあえず、話のタネに旭山動物園に行って見ようかな、と (^o^)

 網走から旭川までは、だいたい200Kmくらいです。
国道39号線をそのまま走っていれば、何の問題もなく旭川につけるのですが
市街地を通る動脈的道路なので、走っていてあまり面白くない?!
 実は39号は、一番最初北海道へ行った折、富良野から網走に行くのに通ったので
ちょっと趣向を変えて、今回は途中で333号線という国道へ入っていきました。

 333号は、山間ののどかな北海道の山村を抜けて行く
のんびりした道路でした。途中それほど大きな市街地もなく
小さな町や村を結ぶ、ある意味で北海道らしい風景を巡る道路でした。

 日差しは、照りつけるほど強いのですが
山間のひんやりとした空気の流れを受けながら走るのはとても爽快。

 道を走る車もほとんどなくて、こちらのルートを選んで大正解でした。
(ガソリンスタンドもほとんどなかったケド)

 途中、まるせっぷという小さな町の、道の駅で一休み。
時間は11時をちょっと回ったところでした。
 
 ちょいとおなかが減ったので、かくる何か食べようと食堂へ...
簡単な食堂だったので、すんごい名物とかはなかったですが
かきあげうどん食べました。
この辺の名物?のじゅんさいの入ったかきあげみたいでしたよ。

 30分くらい休憩したあと、ふたたび旭川へ向かいましたが
どこまでも淡々と続く緑深い山道に、北海道の広さを再度認識。

 ...北海道は憧れますが、住むとなると辛いだろなぁ〜 (^^ゞ

 北海道は、あちらこちらに建設中の高速道路網があるのですが
全線開通するまでの間、無料開放している区間があったりして
旭川に向かう途中も、ときどき高速道路っぽい道を走ったりしました。
もっとも、一般道なのでスピードは控えめに(笑)

 旭山動物園って、どこにあるのかピンと来なかったのですが
地図で見ると、旭川の駅というか市街地のわりと近くっぽいのですが
(10Kmはなさそうな感じ)実際行ってみると
一面見渡す限り広大な畑みたいな所でちょっとびっくり。
動物園の近辺も、何にもないみたいなぽつんとあるような感じでした。

2009hoJ0010083.jpg  
道の駅まるせっぷ。
大きな木工館という施設が人気らしかったです。
立ち寄った時には、すごい人出でびっくりでした。

2009hoJ0010082.jpg
かきあげうどん。
デパートの屋上とかで食べるような感じのうどん(笑)
美味しかったです。

2009hoJ0010085.jpg

 一時半に旭山動物園に着いた!!
連休の最終日に良いお天気の絶好の行楽日和ですもの
人気のココが混んでない訳がない!!
メチャメチャ混んでました〜
バイクだから良かったものの、車だったらどれだけ
駐車場待ちさせられたか...

posted by ケンイチロウ at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道

2009年10月27日

北海道旅行2009 網走で一泊する。

 2009年9月22日(火)の出来事です。(笑)
 
 2009hoJ0010075.jpg

 ここが道の駅「知床らうす」
 連休という事で、たくさんの人でした。
車は駐車場に入れないくらいいっぱいで
そういう時バイクはいいですヨ。
その辺にチョロッと止めれるから。

 ご飯を食べ終わった頃には、服もだいぶ乾いてました。
時間は4時くらいですか?雨は相変わらず降っててちょっと憂鬱。

 こんな事もあろうかと、レインスーツを着こんで
完全防水仕様で網走までの帰路に着きました。

 雨の中、100Km走るのかぁ〜
暗くなって来たし、雨の中のキャンプも辛いなぁ...と
そんな事ばかり考えつつ帰り道を急ぎましたが...

 30分も走らない内に雨は止み
それどころか、あたり一面、雨が降った形跡すらなし?!

 んん?!

 謎な感じの中、バイクを走らせていましたが
雲こそは多かったですが、夕暮れが良い感じで
晩秋の(北海道は)農村地帯の一本道を
淡々と走って帰りました。

 キャンプ場に着いたのは6時くらいでしたか?
 
 どうも網走は雨は降らなかったようで(笑)

 キャンプ場の管理人の人に聞いたら
知床半島の、コッチ側とアッチ側では
よくこんなコトがあるんだって言ってました。

 とりあえず、着てる服も一度雨に濡れた上に
半乾きっぽかったので
キャンプ場のコインランドリーで洗濯してました。

 洗濯しながら、シャワー浴びたり
レストハウスでのんびりしてみたり。。

 明日は連休の最終日なので、キャンプ場も
たくさんの家族ずれでにぎわっていました。

 さすがに、昨日の寒さにこりたので
レストハウスで毛布借りて寝るコトにしました。
 昨日の寒さ位として、今夜はテントだし...
さすがに手持ちの装備では死にそうな気が(笑)

2009hoJ0010079.jpg

 羅臼で早めの晩御飯だったので
夜食(?)用に、道の駅でホッケバーガーを買って帰りました。
もちろん、飲み物はガラナ!!
北海道ではガラナ以外飲み物禁止という自分ルール。

 ホッケバーガーは
ホッケのフライが挟んであって、タルタルソースが
かかっていてとても美味しかったです。
白身魚のフライと味はあまり違わないですが (^^ゞ

posted by ケンイチロウ at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道

北海道旅行2009 知床らうす道の駅

 道の駅にたどり着いた時には
着ている物はだいぶ湿っぽくなっていました (>_<)
...それも前半分、背中とかはわりと普通。。

 ずぶ濡れ、ってワケでもないので
そのまま道の駅へ入って、服を乾かしながらおみやげ物あさりです。
ここの道の駅は、おみやげ物のお店や食堂がメインの感じ。
純粋な休憩施設って雰囲気じゃないですね。
日高の道の駅もこんな感じかしらん?

 一階は、やはり知床羅臼の漁港の目と鼻の先だけあって
海産物などを扱うお店がたくさん入っていました。
 食堂や軽食コーナーなどもあったのですが
一階の食堂は結構満員。それもそのはず、大勢の観光客で
道の駅は押すな押すなの大盛況でした。
 
 二階にもレストランがある感じなので、様子見がてら階段を上がると...
ド迫力のトドのあたまとハチマキを巻いたヒグマがお出迎え (>_<)
 OH?!ココはどんなお店?!とドキドキしましたが
お店自体は、落ち着いた感じの雰囲気の良いレストランでした。
「知床ちゃんちゃん焼 しれたこ」
微妙に居酒屋っぽいネーミングですが、ちゃんとしたレストランです(^^)

 海沿い一面が窓になっているのですが、あいにくの雨模様だったので
あまり見晴らしはよくありませんでしたが、晴れていれば最高の眺望でしょうね。

 メニューはいろいろ、ホンといろいろあって
北海道らしい食べ物がたくさんあって、どれにしょうか迷いに迷ってました。
海産物の宝庫な港が、目の前にあるのですから海の幸は美味しくないワケがない。
何がいいかな〜と、選び抜いた末に食べたのが...トドカレー \(゚ロ\)(/ロ゚)/

 北海道のカレーを食べ尽くす!!という崇高な指名の為
ケンイチロウは今日も頑張ります。

 運ばれて来たカレーの威容にびっくり!!
どど〜んと、野趣あふれる鉄なべにの中で煮える謎のカレー(笑)
鉄なべ入りのカレーとは驚きです。
 さて、肝心のお味の方はというと...
カレーはとてもとても美味でした。上品なまろやかさの中に辛さとスパイシー感が
ほどよくブレンドされていて、カレーは美味しかったです。。カレーは...
 ただ、トドが...
トドカレーだけに、たっぷりと大サービスでトドのお肉がゴロゴロ入っているのですが
あんまり美味しくはなかったような気がします。あっ、もちろん気がするだけ(汗)
好きな人は好きなんだろうなぁ〜と...でも個人的にはちょっとって感じ?
一度食べたので、もう死ぬまで食べなくてもいいかなっと(笑)

 でも、ここのお店、他にもいろいろなメニューがたくさんあって
またいつか、羅臼に行った折にはぜひ寄りたいお店です。

 そのときは、ぜひエゾシカカレーを食べよう!! オイ

2009hoJ0010073.jpg 
階段を上がるとすぐにトドさんがお出迎え (^・^)
あたまだけですが...でかい!!
可愛さはみじんもありません。
釧路川に遊びに来ても、らっこのクウちゃんみたいには
もてはやされそうにはありませんね、トドは(^^ゞ
2009hoJ0010074.jpg
こちらは、愛嬌たっぷりのクマさん。
でも道端で、いきなり会ったりしたら
そんなのん気なコトは言ってられないだろうな。
知床辺りは、わりとクマでるらしいです。

2009hoJ0010070.jpg
これが「トドカレー」
重ねて言いますが、カレーは絶品の美味しさです。
鉄なべに入ってるワイルドさも知床って感じ(笑)
トド肉は、カレーで煮てもクセは残るみたいですね。
味は微妙でしたが、たくさんトド肉入ってました!!
2009hoJ0010071.jpg

2009hoJ0010072.jpg

他にエゾシカカレーもあったのですが...
きっとシカの方が美味しいかもしれない。。




 
posted by ケンイチロウ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道

2009北海道旅行 知床半島

  知床半島は、前から行って見たかった所なのですよ。

  北海道へは、何度もツーリングに出掛けて
道内海沿いにぐるりと走りつつ、内陸もチョロチョロ走ってるのですが
知床半島方面へは未だ訪れた事がなかったんです。

 知床半島の半分から先は、海回りの道路はないのですが
真ん中くらいに、標高738mの知床峠を抜ける
知床横断道路という道があるので、そこを走って見たくて (^^)

 天気予報では今日は雨らしいのですが、網走近辺は日差しも出ていて
これなら行けそうでないかい?!とキャンプ場を後に。。

 道中は250バイクに荷物満載で走っているので
走るだけでいっぱいいっぱい、とても走りを楽しむって感じじゃないのですが
今回はキャンプ用具など、重たい荷物をすっぱりと全部置いてきたので
バイクも見違えるように爽快に走ります (^O^)

 ルートは、網走市街から国道244号線を知床方面へ
海沿いのルートなのですが、途中浜小清水という町から
内陸に入り、牧場や畑が広がる北海道らしい一本道がどこまでものびていきます。
 知床半島に近づくと、ふたたび海沿いのルートになるのですが
切り立った崖沿いの道に、澄んだブルーのオホーツク海が迫りまさに絶景。
お天気も日差しがまぶしいくらいに輝き最高のツーリング日和です。

 網走から、知床横断道路の近くにある港、ウトロでしばし休憩。
ここには道の駅があるのですが、連休という事もあり大混雑!!
ウトロ港のあたりは、知床半島を巡る観光船が出ていたり
名所や景勝地がたくさんあるので、人出の多さもうなずけますね。

 お昼すぎに網走を出てきて、時間は2時ちょっと前
おなかも減ったので、何か食べようかしらん?!と
辺りを見回したのですが、どこも大混雑のようすで、ちょっと無理そう。
 知床半島の反対側にも道の駅があるので
そっちに行って見ようかと再びバイクで走り出したのですが...

 走り出してしばらくすると、知床峠への登り道にさしかかりました。
峠道なのでクネクネと曲がりくねった道ですが
重たい荷物はおいてきたので、VTRも軽快に走ります。

 峠の展望台からは、眼下に広がる知床の絶景が広がります。

 そのまま一気に、反対側の羅臼まで走りぬけようと思った時!!

 突然、眼前に広がる霧のようなもや?!

 何コレ?!と思ったのも束の間...激しい雨が!!

 そうなのです...知床峠の頂上付近から
反対側の羅臼は雨に見舞われていたようで...
 
 雨雲が、知床の山を越えられずに、停滞していたところに
何もしらずに突っ込んでしまったみたいですね(悲)

 もう、下りは大変なものでした。
雨足はそれほどでもなく、濃い霧雨の中を走ってるって感じなのですが
路面はウエット状態。峠の途中だし、車は結構走ってる。雨具は着る程でもないかなぁ〜と
思ってそのまま走っていたら結局羅臼の道の駅まで、そのまま走る羽目に...
結局ずぶ濡れでしたけど ^^;
...前半分がずぶ濡れ?!雲の中を走ってる感じなので、背中とかは濡れていないんですよね(笑)

 とりあえず、知床半島の反対側、羅臼の道の駅で服を乾かしがてらご飯を食べるコトに。。

2009hoDSCF5463.jpg

 知床峠に上がる途中にある展望台より
絶景かな絶景かなってカンジ。。
この辺りまでは、日差しも出ていて、普通に晴れてました。

 後で、キャンプ場の人に聞いたんですが
知床から天気はがらっと変わる事が多いんだって〜





posted by ケンイチロウ at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道

2009年10月26日

北海道旅行2009 釧路から網走へ...

 夜は、わりと早く寝ちゃいました(^^;
10時くらいでしょうか?
寝る前にキャンプ場の中を一回りしたのですが
まだ、わりと賑やかでした。
湖の湖畔はしんと静まり返って
だいぶ寒かったのですが
あちこちに点在するテントの周りでは
集まって談笑していたり、お酒を飲んでいたり。
キャンプの醍醐味ですね。

 キャンプ場は、一晩中最低限の明かりはついているのですが
バンガローの中は、真っ暗です!!窓も小さいので
扉を閉めるとぜんぜん明かりが入らなくて (^^ゞ
 ハンディランタン(発光ダイオード製)を持ってきてはいたのですが
意外に暗くて、バンガローの中ではなまじっか広いので
あんまり役にはたたなかったです(汗)
...テントの中ではまぁ、使えましたけど。。

 ラジオを聴きながら、明日の予定を考えつつ就寝。。

 翌朝、5時に起床したのですが、表に出て寒くてびっくり!!
関東で言う所の、真冬的さむさ!!顔を洗う水の冷たさに目も覚めました!

 コーヒーを飲もうとお湯を沸かしははじめたのですが
水が冷たいのか、コンロの火力がしょぼいいのか、なかなか沸かずに苦労しました。

 コーヒーを飲みながら、朝のニュースと天気予報を聞いていると
どうも今日は天気が悪くなるらしい...

 釧路、根室、知床、網走方面は午後から雨になるとのコト!!

 これはまいった!!
バイクでの移動なので雨は大敵!!
雨の中バイクで走るのは我慢できるとしても、雨の中テント張るのはヤダナァ〜
これは予定を変更して、安全策で、このままココでもう一泊するべきかな?!
バンガローなら雨が降っても快適だし、雨の湿原散策もいいかな?と思ったのですが
とりあえず、なるようになれと、予定通り出発するコトに!!

 とは言っても、若干ルートは変更。。

 本当は、一度釧路市内へ出て、根室半島を回り
知床半島を縦断して、網走でキャンプの予定だったのですが...
 午後から雨の予報だったので、急遽網走に向かい
雨が降る前にキャンプ場へ入り、テントを張って荷物を置いた後
知床へ向かうコトにしました。

 達古武オートキャンプ場を出て、標茶町、弟子屈町を抜けて
屈斜路湖と摩周湖の間を通り網走に抜けるルートだったのですが
残念ながら、湖は見ていけませんでした。
 近くなんだけどな〜と、非常に残念だったのですが
空模様は、今にも雨が降り出しそうな感じ...
これは一刻も早く網走に向かわねば、と (T_T)

 3時間くらいで、網走の市街に到着しました。
海沿いに出ると天気は一変、雲の切れ間から日差しも出るようになり
ちょっと一安心。

 網走でのキャンプは
網走市街を見下ろす天都山(テント山)にある
テントランドという、メチャメチャ広くて綺麗で、整備されたキャンプ場です。

 ここは、以前キャンプした事があるのですが
網走市街やオホーツク海を眼下に見下ろす、絶景のキャンプ場です。

 まぁ、その分キャンプ料金もお高いのですが(笑)

 テント一泊で2150円...(T_T)

 それはおいておいて、お昼すぎについたのですが
無理を言って早めにチェックインさせてもらい、テントを設営。
余計な荷物をテントの中に詰め込んで、身軽になったところで
知床半島の方へ出掛けるコトにしました。。

2009hoDSCF5468.jpg
ここのオートキャンプ場は貸し別荘風のロッジや
キャンピングカー専用のサイト、車を横付けして
キャンプが出来る所など、まさにオートキャンプ場で
それぞれのサイトには電気、上下水道、シンク(流し)など
至れり尽くせりの設備が整っている所です。
フリーキャンプサイトに泊まったのですが
ここは、広い芝生にテントを建てるだけ(笑)

オートキャンプサイトは、大入り満員でしたが
フリーテントサイトはガラガラでした。
広大な敷地に自分の他には、一張りテントがあっただけ。

雨が降るとの予報だったので、木の陰にテント張りました。

2009ho2009hoJ0010067.jpg

 これがケンイチロウのテント。
公称2人用のテントだそうですが、一人寝るのが精一杯!!
かれこれ、10年くらい使っています(悲)

2009hotentoland2.jpg
2009hotentoland.jpg<

てんとらんどパノラマ
兎に角、広いキャンプ場です。
なだらかな山の斜面にあるのですが
受付のある、センターロッジから一番下の
フリーテントサイトまでは歩いて10分はかかります。
(それも結構傾斜があるよ)

料金は高めですが、ここはお気に入り☆
ちょっと車で走れば、すぐ網走の市街だし
温泉も近場にいろいろあるそうです。
ちなみに、PHSもビンビン、アンテナ立ちます〜

2009hoDSCF5465a.jpg
テントランドから、網走市街の夜景を望む図
夜もすっごい綺麗ですよ。
キャンプ場は、消灯時間になると
必要最低限の明かりだけになりますが
それがまた暗明るくて(笑)いい感じです。
星空もものすごく綺麗だし
オホーツク海の漁船のいさり火も、幻想的で素敵です。

posted by ケンイチロウ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道

細岡駅

 達古武オートキャンプ場の最寄駅って感じなんですが
実は驚くほど遠回りをしないとキャンプ場へは行けないようです。
達古武湖をほぼ2/3周するような感じでしょうか?
 細岡駅から、達古武湖ぞいの道路(サイクリングロード?)を通り
一度国道391号線に出て、再度オートキャンプ場への道に入って行く感じ?

 以前は、キャンプ場の湿原を抜ける木道を通って
もっと近いルートがあったそうなのですが
木道が壊れちゃったそうで、今は通行止めになっていました!

 細岡駅は、駅とは言ってもすぐ隣に家が一軒あるだけの
無人駅です。隣の釧路湿原駅とは道がつながっているので
湿原の散策をしながら、細岡展望台などに行くのも良さそうですね。
 達古武オートキャンプ場では、レンタルサイクルなどもあるので
湿原を眺めながらのサイクリングも楽しそうですよね。

 こういうところでは、爆音を発するオートバイは
やはり場違いな気がします (^^;

 2009hoJ0010034.jpg
素朴な感じの山小屋風な駅ですね。
冬なんかは
列車待ちの時には寒さをしのげてありがたいのでしょうね。
ちなみに近辺には、何にもないです。自販機すらないようです。
2009hoJ0010033.jpg
近辺は森林というか山なのですが
若干人も住んでるみたいですね。



posted by ケンイチロウ at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道

北海道旅行2009 バンガロー

 達古武オートキャンプ場では
バンガローに泊ままりました。

 テント張っても良かったのですが
苫小牧に着いた後、一晩中走り続けて
釧路に着く予定でしたので
テント張るのもちょっと面倒だったので (^^;

 それに、ここのキャンプ場はテント張るのも
バンガローも格安だと思います。
 入園料100円で、テントだと630円
バンガローで2100円ですからね。

 簡易な犬小屋、もとい建物とはいえ
テントとは安心感は違います(笑)

とはいえ、確かに作りはペライですが(^^;

 大きさは、2畳くらいなのかなぁ?
一応大人二人用とのコトですが
大人二人に子供くらいなら十分寝られそうな感じ。

 小さな窓はあるのですが、電気はないので
手持ちのランタンなどを使わないと、夜は真っ暗です。

 床は、じゅうたん敷きになってはいますが
寝る為には、寝袋か毛布とか敷かないとかなり辛いですね。
 自分はテント用のウレタンシートと寝袋を持っていたので
それを引いて寝ていたのですが...
 夜はメチャメチャ寒かったです!!
夜中に寒くて飛び起きたくらいです。

 バンガローでコレですから、テントだったら大変でしたよ。

 自分の持っている寝袋は春〜夏〜秋用なので
この時期の北海道ではちょっと役不足のようですね。。

 テントの人たちも結構いたんですが
地元の人たちなら、きっと毛布やストーブ持ってきてるんでしょうね。

 こんなコトもあろうかと、今回持参してきたのは
NASAが開発した、特殊アルミコーティングされたシート!!
これは優れもの!!これを身にまとえば
 体から発せられる赤外線を反射して、体温を回りに逃がさないとい
遭難時の絶体絶命の時に使うような緊急アイテム(笑)

 さっそく広げて、寝袋の上からまといました。
果たしてこんな薄いペラペラの銀のシートが役にたつのか?と
思ったら...しばらくすると体がホカホカ温まっていていい塩梅☆
ぐっすり眠る事ができました。

2009hoJ0010064.jpg
バンガロー、こんな感じ。
だれだ〜貧乏くさいとか言ってるのは?!
それはバラック!!これはバンガロー!!

2009hoJ0010063.jpg
中は結構、というかすごく小奇麗でしたよ。
床に敷く毛布とかフワフワした敷物があれば
ものすごく快適な個室だと思われます。

バンガローの横には、専用のスペースがあって
車を止めてもいいし、そこにテーブルを出して
ご飯を食べても良いしって感じでした。

2009hoJ0010062.jpg
このアルミホイル的な物がNASAのスピンオフ
熱反射シート!!元々は、航空機などが極地
(極寒の地や砂漠で)
遭難した時に、これを身にまとって救助を待つ的な
アイテムだそうです。
ちなみに、コレ以降、キャンプ場で毛布借りて寝ましたケド。。

posted by ケンイチロウ at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道